gass9241.jpg

Welcome to Keio Univ. Fukagata Laboratory!

慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 深潟研究室(熱流体制御工学研究室)は2007年4月に誕生した、まあまあ新しめ [bigsmile]の研究室です。本研究室では、流体力学のうち、特に乱流摩擦抵抗低減に代表される乱流制御、物体周り流れにおける渦放出の抑制など、様々な流れの制御・最適化に関する理論的・数値的・実験的研究を行っています。

大学院では応用力学・計算力学専修に所属し、国内外の他の研究機関との協力関係のもとに研究を進めています。

研究キーワード:流体力学,流れの制御,乱流,数値シミュレーション,実験,機械学習
関連分野:航空工学,自動車工学,エネルギー工学,気象学,環境化学,データサイエンス

News

2019-02-13Out now!A. Iwata, K. Fujioka, T. Yonemichi, K. Fukagata, K. Kurosawa, R. Tabata, M. Kitagawa, T. Takashima, and T. Okuda, "Seasonal variation in atmospheric particle electrostatic charging states determined using a parallel electrode plate device," Atmos. Environ. 203, 62-69 (2019).
2019-01-30190130.jpgWeizhuo Hua (化 為卓)の博士論文公聴会が開催されました。
2019-01-29Out now!W. Hua and K. Fukagata, "Near-surface electron transport and its influence on the discharge structure of nanosecond-pulsed dielectric-barrier-discharge under different electrode polarities," Phys. Plasmas 26, 013514 (2019).
2019-01-23190123.jpg深潟日本学術会議公開シンポジウム「第4回理論応用力学シンポジウム」- 力学と新学術の融合 - (東京)で招待講演を行いました。
2019-01-222019-01-22KazutoHasegawa.jpg長谷川(B4)が第15回乱流制御研究会で最優秀賞(Best Presentation Award)を受賞しました。
2019-01-082018-11-01KaorukoEto.jpgアメリカ航空宇宙学会(AIAA)から、江藤(M2)の賞状(2018 AIAA Flow Control Student Paper Competition 第1位)が送られてきました [smile]
2018-12-25Out now!【注目研究 in 年会2018】深潟 康二,山本 誠,岩本 薫,長谷川 洋介,塚原 隆裕,福島 直哉,守 裕也,青木 義満,「機械学習を用いた乱流の特徴抽出手法の構築に向けて」,ながれ 37, 524-527 (2018).
2018-12-21181221.jpg江藤(M2)が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞を、岩佐(M2)と廣川(M1)が日本機械学会流体工学部門優秀講演表彰を受賞しました!
2018-12-19Out now!S. Nakashima, M. Luhar, and K. Fukagata, "Reconsideration of spanwise rotating turbulent channel flows via resolvent analysis," J. Fluid Mech. 861, 200-222 (2019).
2018-12-14181214.jpg深潟Prometech Simulation Conference 2018 (12/13@東京) および 日本機械学会RC277分科会(12/14@仙台)で招待講演を行いました。
2018-12-11181211.jpg村田(M1)、長谷川(B4)が第32回数値流体力学シンポジウム(東京)で講演を行いました。
2018-11-30181130.jpg岩佐(M2)、江藤(M2)、川越(M2)、難波江(M2)、肥留間(M2)、米道(M2)、廣川(M1)、村田(M1)が日本機械学会第96期流体工学部門講演会(室蘭)で発表を行いました。
2018-11-20181120.jpg肥留間(M2)、廣川(M1)がAPS-DFD 2018 (Atlanta)で講演を行いました。
2018-10-20181020.jpg深潟日本機械学会熱工学部門貢献表彰を受けました。
(表彰対象となった日韓熱流体工学会議のVice Chair東北大・丸田先生と一緒にパチョリ [bigsmile]
2018-10-17181017-1.jpg村田(M1)が第14回乱流制御研究会で優秀賞(Outstanding Presentation Award)を受賞しました。
2018-10-16181016.jpgHosnieh Korの博士論文公聴会が開催されました。
2018-09-28180928.jpg難波江(M2)がETMM12 (Montpellier)で講演を行いました。
2018-09-12180912.jpg江藤(M2)、川越(M2)、難波江(M2)がEFMC12 (Vienna)で講演を行いました。
2018-09-05180905.jpg江藤(M2)、難波江(M2)、深潟日本流体力学会年会2018 (大阪)で講演を行いました。
2018-09-03180903.jpg米道(M2)が10th International Aerosol Conference (IAC 2018)(St. Loius)で発表を行いました。
2018-08-31180831.jpg小尾研安藤研香港科技大と合同ワークショップ@香港科技大を開催しました。
2018-08-02180802.jpg2018年度塾内高校生のための夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2018-07-31Out now!光用 剛,池田 充,末木 健之,臼田 隆之,深潟 康二,「パンタグラフの空力音を低減する」,RRR 75, 16-19 (2018).
2018-07-26Out now!H. Kor, M. Badri Ghomizad, and K. Fukagata, "Extension of the unified interpolation stencil for immersed boundary method for moving boundary problems," J. Fluid Sci. Technol. 13, JFST0008 (2018).
2018-07-25180725.jpg岩佐(M2)がWCCM 2018 (New York)で講演を行いました。
2018-07-18watanabe-fdr17.jpg超撥水面に関する論文(Watanabe et al., 2017)がFluid Dyn. Res.Highlights of 2017 に選ばれました。
2018-06-26180626.jpg江藤(M2)がAIAA Aviation Forum (Atlanta)で講演を行いました。
2018-06-23mov_CaseB_u\'.gif機械学習を用いた入口乱流生成(K. Fukami, K. Kawai, and K. Fukagata, "A synthetic turbulent inflow generator using machine learning," arXiv:1806.08903 [physics.flu-dyn])の動画をアップしました。
2018-06-09180609.jpg深潟東京都立西高等学校で訪問講義を行いました。
2018-06-06Out now!K. Date, K. Fukagata, and T. Ishigure, "Core position alignment in polymer optical waveguides fabricated using the Mosquito method," Opt. Express 26, 15632-15641 (2018).
2018-04-09Out now!W. Hua and K. Fukagata, "Influence of grid resolution in fluid-model simulation of nanosecond dielectric barrier discharge plasma actuator," AIP Advances 8, 045209 (2018).
2018-04-02whiteKAKENHIlogoS_jp.jpg科研費基盤研究(A)「機械学習による乱流ビッグデータの特徴抽出手法の構築」が始まりました!
2018-04-02ted-nl.jpg第9回日韓熱流体工学会議(TFEC9, 沖縄)の開催報告が日本機械学会熱工学部門ニューズレター2018年4月号に掲載されました。

過去のNews

Visitors: 12 today, 92031 since 2009-03-31

Last-modified: 2019-02-14 (木) 17:28:57 (4d)
Copyright © 2007-2019 Fukagata Lab., Keio University, All rights reserved.