170316.jpg

国内会議発表など

2017

  1. 岩佐 大器,深潟 康二,
    「角柱周り流れによる壁面の影響」,
    日本機械学会関東学生会第56回学生員卒業研究発表講演会,東京,2017年3月16日, Paper 315, 2 pp.

  2. 江藤 薫子,近藤 佑亮,深潟 康二,徳川 直子,
    「一様吹出しによる翼面摩擦抵抗低減の風洞実験」,
    日本機械学会関東学生会第56回学生員卒業研究発表講演会,東京,2017年3月16日, Paper 105, 2 pp.

  3. 難波江 佑介,深潟 康二,
    「乱流抵抗低減のための進行波状壁面変形のベイズ最適化」,
    日本機械学会関東学生会第56回学生員卒業研究発表講演会,東京,2017年3月16日, Paper 309, 2 pp.

  4. 肥留間 大輔,椋本 翔太,深潟 康二,
    「Kurganov-Tadmor高解像度中心差分スキームを用いたチャネル乱流のDNS」,
    日本機械学会関東学生会第56回学生員卒業研究発表講演会,東京,2017年3月16日, Paper 106, 2 pp.

  5. 米道 卓音,深潟 康二,藤岡 謙太郎,奥田 知明,
    「PM2.5の帯電状態測定のための平行電極板型分級デバイスの数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第56回学生員卒業研究発表講演会,東京,2017年3月16日, Paper 215, 2 pp.

  6. 深潟 康二,
    招待講演:「壁面進行波を用いた乱流摩擦抵抗低減の実現に向けて」,
    日本機械学会関東支部第23期講演会,ワークショップ「熱流体工学研究の最前線」,東京,2017年3月16日.

  7. 瀬川 武彦,深潟 康二,松野 隆,野々村 拓,
    「これまでのシンポジウムの復習」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム,仙台,2017年3月18日-19日.

  8. 深潟 康二,松野 隆,瀬川武彦,野々村 拓,
    「基準PA素子の配布に向けて」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム,仙台,2017年3月18日-19日.

  9. 野々村 拓,深潟 康二,西田 浩之,佐藤 允,青野 光,
    「PAシミュレーション/体積力推定の進展」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム,仙台,2017年3月18日-19日.

  10. W. Hua and K. Fukagata,
    "Investigation of nanosecond dielectric barrier discharge plasma actuator of different voltage polarity,"
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム,仙台,2017年3月18日-19日, Poster PA4-PO1.

  11. 椋本 翔太, 深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータによる抗力と揚力の自在な制御の試み」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム,仙台,2017年3月18日-19日, Poster PA4-PO2.

  12. 猪澤 優介, 深潟 康二,
    「セラミック平板プラズマアクチュエータにより誘起される流れの計測」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム,仙台,2017年3月18日-19日, Poster PA4-PO3.

  13. 金子 凜太郎, 深潟 康二,
    「一様および離散配置のプラズマアクチュエータを用いた翼のはく離制御」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム,仙台,2017年3月18日-19日, Poster PA4-PO4.

  14. 光用 剛,池田 充,末木 健之,臼田 隆之,佐藤 祐一,深潟 康二,若林 雄介,
    「新幹線パンタグラフの空力音低減に関する研究状況」,
    日本音響学会2017年度騒音・振動研究会,東京,2017年7月5日.

  15. 難波江 佑介,河合 謙,深潟 康二,
    「チャネル乱流における摩擦抵抗低減を目指した進行波状壁面変形のベイズ最適化」,
    日本流体力学会年会2017,東京,2017年8月30日〜9月1日, 3 pp.

  16. 藤岡 謙太郎,米道 卓音,深潟 康二,北川 みどり,岡久 峻一,高島 拓,奥田 知明,
    「平行電極板デバイスを用いた実環境大気エアロゾルの帯電状態の測定」,
    第58回大気環境学会年会,神戸,2017年9月6日〜8日(発表予定).

2016

  1. 深潟 康二,
    招待講演:「恒等的積分関係式に基づく流れの制御」,
    北海道大学大学院工学研究院/日本機械学会北海道支部特別講演会,札幌,2016年1月7日.

  2. 河合 謙,深潟 康二,
    「進行波状壁面変形によるチャネル乱流抵抗低減のパラメトリックスタディ」,
    日本機械学会関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会,東京,2016年3月10日,Paper 1112, 2 pp.

  3. 中島 聡,深潟 康二,Mitul Luhar,
    「レゾルベント解析を用いた乱流摩擦抵抗低減手法の検証」,
    日本機械学会関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会,東京,2016年3月10日,Paper 1117, 2 pp.

  4. 近藤 佑亮,深潟 康二,
    「圧力こう配を伴う平板乱流境界層における吹出し・吸込み制御の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会,東京,2016年3月10日,Paper 1203, 2 pp.

  5. 鈴木 球太,齊藤 侑季,深潟 康二,石榑 崇明,
    「高精度多層配列GI型円形コアポリマー光導波路」,
    2016年電子情報通信学会総合大会,福岡,2016年3月15日〜18日,Paper C-3-47, 1 p.

  6. 深潟 康二,
    招待講演:「乱流摩擦抵抗の低減:フィードバック制御からプレデターミンド制御へ」,
    日本機械学会 RC270「流れの知的制御とそれを実現するための先進計測法に関する研究分科会」第1回分科会,東京,2016年4月5日.

  7. 深潟 康二,
    「壁乱流の摩擦抵抗低減に向けた 理論的・数値的研究 〜 ここ20年での進展 〜」,
    日本機械学会第8回せん断流の多様な機能の探究と先端科学技術への応用に関する研究分科会,福岡,2016年9月11日.

  8. 猪澤 優介,深潟 康二,
    「セラミック平板プラズマアクチュエータにより誘起される流れの計測」,
    日本機械学会第94期流体工学部門講演会,宇部,2016年11月12日〜13日,Paper 0302, 2 pp.

  9. 藤田 洋輔,深潟 康二,
    「準最適制御を用いた角柱周り流れの抵抗低減」,
    日本機械学会第94期流体工学部門講演会,宇部,2016年11月12日〜13日,Paper 0311, 2 pp.

  10. 中島 聡,深潟 康二,Mitul Luhar,
    「準最適制御による乱流摩擦抵抗低減のレゾルベント解析」,
    日本機械学会第94期流体工学部門講演会,宇部,2016年11月12日〜13日,Paper 0315, 2 pp.

  11. 近藤 佑亮,深潟 康二,徳川 直子,
    「圧力こう配を伴う乱流境界層における一様吹出し/吸込み制御の摩擦抵抗低減効果」,
    日本機械学会第94期流体工学部門講演会,宇部,2016年11月12日〜13日,Paper 0316, 2 pp.

  12. 河合 謙,深潟 康二,
    「進行波状壁面変形によるチャネル乱流抵抗低減のパラメトリックスタディ」,
    日本機械学会第94期流体工学部門講演会,宇部,2016年11月12日〜13日,Paper 0323, 2 pp.

2015

  1. 栗田 充,飯島 秀俊,満尾 和徳,Henny Bottini,深潟 康二,
    「表面摩擦抵抗分布の可視化」,
    日本航空宇宙学会北部支部2015年講演会ならびに第16回再使用型宇宙推進系シンポジウム,能代,2015年3月16日〜17日.

  2. 飯島 秀俊,栗田 充,満尾 和徳,Henny Bottini,深潟 康二,
    「オイルを用いた表面摩擦抵抗計測について」,
    日本航空宇宙学会北部支部2015年講演会ならびに第16回再使用型宇宙推進系シンポジウム,能代,2015年3月16日〜17日.

  3. 森 栄亮,木戸川 亮祐,内野 圭介,深潟 康二,
    「一様吹出しによる粗面乱流抵抗低減の直接数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会,横浜,2015年3月20日,Paper 113, 2 pp.

  4. 小坪 義典,内野 圭介,深潟 康二,
    「波状固定壁面を用いた乱流摩擦抵抗低減の試み」,
    日本機械学会関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会,横浜,2015年3月20日,Paper 312, 2 pp.

  5. H. Bottini, M. Kurita, H. Iijima, and K. Fukagata,
    "Effects of wall temperature on low-speed skin-friction measurements by oil-film interferometry,"
    日本航空宇宙学会第46期定時社員総会/年会講演会,東京,2015年4月16日〜17日.

  6. 深潟 康二,
    招待講演:「壁面進行波を用いた乱流摩擦抵抗低減」,
    NPO法人流体エネルギー有効利用研究会 平成27年度第1回講演会,東京2015年6月27日.

  7. 光用 剛,池田 充,末木 健之,佐藤祐一,深潟 康二,
    招待講演:「新幹線パンタグラフの空力音低減技術」,
    日本騒音制御工学会 平成 27(2015)年秋季研究発表会,東京,2015年9月10日〜11日,Paper 2-1-10, 4 pp.

  8. 森本 雄太,小西 伯弥,松元 康平,深潟 康二,
    「波形電極を用いたプラズマアクチュエータの推力向上の試み」,
    日本機械学会2015年度年次大会,札幌,2015年9月13日〜16日,Paper S0530205, 4 pp.

  9. 畑岡 諭,槐島 治彦,深潟 康二,
    「ステレオPIV によるプラズマアクチュエータを用いた翼端渦抑制効果の計測」,
    日本機械学会2015年度年次大会,札幌,2015年9月13日〜16日,Paper S0530301, 4 pp.

  10. 椋本 翔太,安西 陽祐,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御のラージ・エディ・シミュレーション」,
    日本機械学会2015年度年次大会,札幌,2015年9月13日〜16日,Paper S0530302, 4 pp.

  11. 内藤 弘士,深潟 康二,
    「エネルギー散逸に着目をした円柱周りの流れの準最適制御」,
    日本流体力学会年会2015,東京,2015年9月26日〜28日,Paper 200, 3 pp.

  12. 亀谷 幸憲,オウル ラミス,シュラッター フィリップ,深潟 康二,
    「壁面一様吹出し/吸込みの空間発達乱流境界層への影響」,
    日本機械学会第93期流体工学部門講演会,東京,2015年11月7日〜8日,Paper 0620, 5 pp.

  13. 瀬川武彦,深潟 康二,松野 隆,野々村 拓
    「第1回・第2回シンポジウムの復習」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第3回シンポジウム,鳥取,2015年12月4日-5日.

  14. 深潟 康二,猪澤 優介,畑岡 諭,松野 隆,菅原 正隆,福田 愛,瀬川 武彦,
    「基準素子について」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第3回シンポジウム,鳥取,2015年12月4日-5日.

  15. 野々村 拓,深潟 康二,
    「流れ制御シミュレーションの進展」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第3回シンポジウム,鳥取,2015年12月4日-5日.

  16. 椋本 翔太,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御のラージ・エディ・シミュレーション」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第3回シンポジウム,鳥取,2015年12月4日-5日,PA3-PO2.

2014

  1. 池谷 宥太,深潟 康二,一条 憲明,長谷川 政和,松野 伸介,
    「陸屋根に設置された太陽光パネルにはたらく力の計測および制御」,
    日本機械学会関東学生会第53回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2014年3月14日, Paper 111, 2 pp.

  2. 森本 雄太,深潟 康二,松元 康平,
    「プラズマアクチュエータの三次元数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第53回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2014年3月14日, Paper 304, 2 pp.

  3. 藤本 研也,深潟 康二,
    「波状壁面を用いたチャネル乱流の抵抗低減の試み」,
    日本機械学会関東学生会第53回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2014年3月14日, Paper 306, 2 pp.

  4. 畑岡 諭,深潟 康二,野口 大悟,溝上 拓二,
    「プラズマアクチュエータを適用した翼周り流れの微小流体力測定」,
    日本機械学会関東学生会第53回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2014年3月14日, Paper 502, 2 pp.

  5. 深潟 康二,
    基調講演:「プラズマアクチュエータの基礎」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」キックオフシンポジウム,横浜,2014年3月20日.

  6. 深潟 康二,
    招待講演:「近い将来、乱流を自在に制御できるようにしたい!」,
    JAMSTEC第3回横串セミナー,横浜,2014年6月12日.

  7. 槐島 治彦,深潟 康二,
    「セラミック誘電体を備えた誘電体バリア放電プラズマアクチュエータの性能評価」,
    日本機械学会2014年度年次大会,東京,2014年9月7日〜10日,Paper S0550101, 4 pp.

  8. 畑岡 諭,野口 大悟,溝上 拓二,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを適用した翼周り流れの微小流体力とPIVによる速度場測定」,
    日本機械学会2014年度年次大会,東京,2014年9月7日〜10日,Paper S0550304, 4 pp.

  9. 森本 雄太,松元 康平,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータのスパン方向電位ゆらぎが体積力に与える影響」,
    日本機械学会2014年度年次大会,東京,2014年9月7日〜10日,Paper S0550103, 4 pp.

  10. 安西 陽祐,深潟 康二,
    「角柱後方に設置されたプラズマアクチュエータによる渦放出抑制の数値シミュレーション」,
    日本機械学会第92期流体工学部門講演会,富山,2014年10月25日-26日, Paper 0403, 2 pp.

  11. 木戸川 亮祐,亀谷 幸憲,深潟 康二,
    「一様吹出し制御による高レイノルズ数空間発達乱流境界層の摩擦抵抗低減」,
    日本機械学会第92期流体工学部門講演会,富山,2014年10月25日-26日, Paper 0406,2 pp.

  12. 内野 圭介,深潟 康二,
    「進行波状壁面変形を用いた運動量と熱の非相似制御の直接数値シミュレーション」,
    日本機械学会第92期流体工学部門講演会,富山,2014年10月25日-26日, Paper 0412, 2 pp.

  13. 守 裕也,深潟 康二,
    「平行平板間乱流における進行波状外力による抵抗低減効果の直接数値計算」,
    日本機械学会第92期流体工学部門講演会,富山,2014年10月25日-26日, Paper 0413, 2 pp.

  14. 深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた流れ制御の 数値シミュレーションに関する課題」,
    日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第2回シンポジウム,鳥取,2014年12月5日-6日.
  15. 守 裕也,岩本 薫,深潟 康二,福島 直哉,店橋 護,阿部 浩幸,松尾 裕一,村田 章,
    「高レイノルズ数円管内乱流の超大規模直接数値計算」,
    第28回数値流体力学シンポジウム,東京,2014年12月9日-11日, Paper B05-4, 2 pp.

2013

  1. 安西 陽祐,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた角柱周り流れ制御の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第52回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2013年3月15日, Paper 509, 2 pp.

  2. 木戸川 亮祐,亀谷 幸憲,深潟 康二,
    「高レイノルズ数チャネル乱流の抵抗低減のデタッチドエディシミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第52回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2013年3月15日, Paper 103, 2 pp.

  3. 槐島 治彦,瀧浪 遼,深潟 康二,光用 剛,末木 健之,池田 充,
    「プラズマアクチュエータを用いたボルテックスジェネレータの特性評価」,
    日本機械学会関東学生会第52回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2013年3月15日, Paper 303, 2 pp.

  4. シティ ルーリア リザローズ,深潟 康二,
    「吹出し吸込み制御による角柱周り流れに生ずるエオルス音低減効果の数値解析」,
    日本機械学会関東学生会第52回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2013年3月15日, Paper 119, 2 pp.

  5. 野口 大悟,溝上 拓二,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた翼端渦制御の風洞実験」,
    日本機械学会関東学生会第52回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2013年3月15日, Paper 502, 2 pp.

  6. 松元 康平,山本 聖也,深潟 康二,
    「プラズマ流体モデルを用いたプラズマアクチュエータの詳細シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第52回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2013年3月15日, Paper 518, 2 pp.

  7. 光用 剛,末木 健之,佐藤 祐一,瀧浪 遼,槐島 治彦,深潟 康二,
    「定常的な吹き出しまたは吸い込みによるパンタグラフ舟体の空力音低減」,
    環境工学シンポジウム2013,東京,2013年7月10日-12日.

  8. 槐島 治彦,瀧浪 遼,深潟 康二,光用 剛,末木 健之,池田 充,
    「ボルテックスジェネレータ型プラズマアクチュエータの特性評価」,
    日本機械学会2013年度年次大会,岡山,2013年9月8日-11日.

  9. 松元 康平,山本 聖也,深潟 康二,
    「印加電圧波形がプラズマアクチュエータにおけるイオン輸送に及ぼす影響の数値解析」,
    日本機械学会2013年度年次大会,岡山,2013年9月8日-11日.

  10. 内藤 弘士,深潟 康二,
    「多孔質体表面適用による円柱周りの流れの変化とそのメカニズム」,
    日本流体力学会年会2013,東京,2013年9月12日-14日.

  11. 深潟 康二,岩本 薫,笠木 伸英,
    論文賞受賞記念講演:「壁に沿う流れの摩擦抵抗に対するレイノルズ応力分布の寄与」,
    日本流体力学会年会2013,東京,2013年9月12日-14日.

  12. 安西 陽祐,内藤 弘士,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータによる角柱周り流れ制御の数値シミュレーション」,
    日本機械学会第91期流体工学部門講演会,福岡,2013年11月9日-10日, Paper 0305, 3 pp.

  13. 木戸川 亮祐,亀谷 幸憲,深潟 康二,
    「一様吹出しを伴う高レイノルズ数乱流境界層のデタッチドエディシミュレーション」,
    日本機械学会第91期流体工学部門講演会,福岡,2013年11月9日-10日, Paper 0309, 2 pp.

  14. 野口 大悟,溝上 拓二,深潟 康二,
    「吹出し・吸込みを用いた翼の摩擦抵抗低減に関する数値シミュレーション」,
    日本機械学会第91期流体工学部門講演会,福岡,2013年11月9日-10日, Paper 0310, 2 pp.

  15. 福島 直哉,徳丸 千彰,守 裕也,岩本 薫,深潟 康二,阿部 浩幸,松尾 裕一,店橋 護,
    「「京」による高レイノルズ数壁面せん断乱流の超大規模直接数値計算」,
    日本機械学会第91期流体工学部門講演会,福岡,2013年11月9日-10日, Paper 0507, 2 pp.

  16. 内野 圭介,深潟 康二,
    「進行波状壁面変形を用いた伝熱制御の直接数値シミュレーション」,
    第27回数値流体力学シンポジウム,名古屋,2013年12月17日-19日, Paper C06-4, 3 pp.

2012

  1. 宇都木 佑美,守 裕也,深潟 康二,
    「翼端渦に進入する翼まわりの流れの数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,習志野,2012年3月9日, pp. 161-162.

  2. 溝上 拓二,守 裕也,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた翼端渦抑制における抑角の影響」,
    日本機械学会関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,習志野,2012年3月9日, pp. 207-208.

  3. 橋本 和卓,深潟 康二,
    「Level set 法を用いた単純せん断下の二相界面挙動の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,習志野,2012年3月9日, pp. 223-224

  4. 中山 雄貴,内藤 弘士,深潟 康二,
    「極値探索法を用いた数値流体力学に基づく物体形状最適化」,
    日本機械学会関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,習志野,2012年3月9日, pp. 229-230.

  5. 瀧浪 遼,深潟 康二,光用 剛,高石 武久,池田 充,
    「新幹線パンタグラフ騒音低減のためのプラズマアクチュエータの特性評価」,
    日本機械学会関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,習志野,2012年3月9日, pp. 507-509

  6. 小竹 彩音,中村 哲哉,深潟 康二,
    「一様吹出し・吸込みを伴う圧縮性チャネル乱流の直接数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東支部第18期総会講演会講演論文集,習志野,2012年3月9日-10日, pp. 69-70

  7. 深潟 康二,
    招待講演:「乱流制御について」,
    第22回CFD&HPC研究会,富士見高原,2012年5月19日.

  8. 光用 剛,高石 武久,池田 充,佐藤 祐一,深潟 康二,瀧浪 遼,
    「プラズマアクチュエータを用いたパンタグラフ舟体周りの流れ場制御手法のLESによる検討」,
    第22回環境工学総合シンポジウム2012(仙台,2012年7月4日〜6日)講演論文集, pp. 93-96.

  9. 瀧浪 遼,深潟 康二,光用 剛,高石 武久,池田 充,
    「平板型プラズマアクチュエータの特性評価および新幹線パンタグラフ舟体への適用のための基礎検討」,
    日本機械学会2012年度年次大会,金沢,2012年9月9日〜12日,Paper S056043, 5 pp.

  10. 溝上 拓二,守 裕也,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた翼端渦抑制効果とその迎角依存性」,
    日本機械学会2012年度年次大会,金沢,2012年9月9日〜12日, Paper S056033, 5 pp.

  11. 宇都木 佑美,守 裕也,深潟 康二,
    「接近飛行する二翼まわりの流れの数値シミュレーション」,
    日本流体力学会年会2012,高知,2012年9月16日〜18日,Paper 090, 4 pp.

  12. 中山 雄貴,内藤 弘士,深潟 康二,
    「極値探索法を用いた鈍頭物体形状の動的最適化」,
    日本流体力学会年会2012,高知,2012年9月16日〜18日,Paper 084, 6 pp.

  13. 橋本 和卓,深潟 康二,
    「Phase Field 法を用いた一様せん断下の二相界面挙動の数値シミュレーション」,
    日本機械学会第25 回計算力学講演会,神戸,2012年10月6日〜9日, Paper 1119, 2 pp.

  14. 中西 李緒,守 裕也,深潟 康二,
    「進行波状壁面変形を用いたチャネル乱流の再層流化の直接数値シミュレーション」,
    日本機械学会流体工学部門講演会,京都,2012年11月17日〜18日,Paper 213, 2 pp.

  15. 光用 剛,高石 武久,佐藤 祐一,瀧浪 遼,槐島 治彦,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータによるパンタグラフ舟体まわりの流れ場制御に関する検討」,
    第32回流力騒音シンポジウム,鳥取,2012年11月30日〜12月1日, Paper 19, 1 p.

  16. 光用 剛,高石 武久,佐藤 祐一,瀧浪 遼,槐島 治彦,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いたパンタグラフ舟体まわりの流れ場制御手法の検討」
    日本機械学会第19回鉄道技術連合シンポジウム,東京,2012年12月5日〜7日, pp. 307-310.

2011

  1. 深潟 康二,
    基調講演「進行波状壁面入力による乱流摩擦抵抗低減」,
    第60回理論応用力学講演会,東京,2011年3月8日-10日, Paper OS06-01, 2 pp.

  2. 河田 卓也,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「速度・圧力相関計測に対して静圧プローブの形状が与える影響」,
    第60回理論応用力学講演会,東京,2011年3月8日-10日, Paper OS06-07, 2 pp.

  3. 五十嵐 大智,井上 薫,内藤 弘士,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御の3次元数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第50回学生員卒業研究発表講演会,横浜,2011年3月18日(震災のため中止), 2 pp.

  4. 富山 暢仁,長谷部 仁美,イリングワース サイモン,深潟 康二,
    「2次元翼における揚力制御の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第50回学生員卒業研究発表講演会,横浜,2011年3月18日(震災のため中止), 2 pp.

  5. 中村 哲哉,亀谷 幸憲,深潟 康二,
    「高マッハ数壁乱流における摩擦抵抗低減制御の直接数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第50回学生員卒業研究発表講演会,横浜,2011年3月18日(震災のため中止), 2 pp.

  6. 矢内 貴士,田村 秀一,井上 薫,深潟 康二,
    「鉛直矩形管内における液相中の単一気泡および液滴の挙動」,
    日本機械学会関東学生会第50回学生員卒業研究発表講演会,横浜,2011年3月18日(震災のため中止), 2 pp.

  7. 山本 聖也,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータにおけるイオン輸送の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第50回学生員卒業研究発表講演会,横浜,2011年3月18日(震災のため中止), 2 pp.

  8. 五十嵐 大智,井上 薫,内藤 弘士,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御の3次元数値シミュレーション」,
    日本機械学会2011年度年次大会,東京,2011年9月11-14日, Paper S054055, 5 pp.

  9. 富山 暢仁,長谷部 仁美,イリングワース サイモン,深潟 康二,
    「極値探索法を用いた二次元翼の揚力制御の数値シミュレーション」,
    日本機械学会2011年度年次大会,東京,2011年9月11-14日, Paper S054062, 5 pp.

  10. 中村 哲哉,亀谷 幸憲,深潟 康二,
    「高マッハ数チャネル乱流における摩擦抵抗低減制御の直接数値シミュレーション」,
    日本機械学会2011年度年次大会,東京,2011年9月11-14日, Paper S055034, 5 pp.

  11. 山本 聖也,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータにおけるイオン輸送の数値シミュレーション」,
    日本機械学会2011年度年次大会,東京,2011年9月11-14日, Paper S055033, 5 pp.

  12. 深潟 康二,
    「壁乱流における壁面摩擦と伝熱の同時制御」,
    熱工学コンファレンス2011プレコンファレンス・セミナー「乱流伝熱研究の最先端」,浜松,2011年10月28日.

2010

  1. 川越 真之,深潟 康二,
    「二次元混合層における混合促進・抑制の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第49回学生員卒業研究発表講演会,東京,2010年3月10日, Paper 1009, 2 pp.(2010).

  2. 高田 基史,深潟 康二,
    「レイノルズ応力収支式に基づく乱流摩擦抵抗低減の準最適制御」,
    日本機械学会関東学生会第49回学生員卒業研究発表講演会,東京,2010年3月10日, Paper 909, 2 pp. (2010).

  3. 中西 李緒,守 裕也,深潟 康二,
    「進行波状壁面変形による摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第49回学生員卒業研究発表講演会,東京,2010年3月10日, Paper 719, 2 pp. (2010).

  4. 松永 光生,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第49回学生員卒業研究発表講演会,東京,2010年3月10日, Paper 1115, 2 pp. (2010).

  5. 村井 泰仁,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた乱流摩擦抵抗低減制御の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第49回学生員卒業研究発表講演会,東京,2010年3月10日, Paper 919, 2 pp. (2010).

  6. 守 裕也,オプフナー ジェローム,深潟 康二,
    「進行波状吹出し・吸込みによる摩擦抵抗低減のメカニズム」,
    日本流体力学会年会2010,札幌,2010年9月9日−11日,Paper 121, 5 pp.

  7. 深潟 康二,木戸 善幸,中 吉嗣,小尾 晋之介,
    「ピエゾフィルムアクチュエータを用いた三次元周期撹乱による乱流混合層の混合促進」,
    日本流体力学会年会2010,札幌,2010年9月9日−11日,Paper 111, 2 pp.

  8. 川越 真之,深潟 康二,
    「簡易化学反応を伴う二次元混合層制御の数値シミュレーション」,
    日本流体力学会年会2010,札幌,2010年9月9日−11日,Paper 164, 3 pp.

  9. 長谷部 仁美,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた吹出し・吸込みによる翼周り流れの制御」,
    日本流体力学会年会2010,札幌,2010年9月9日−11日,Paper 103, 4 pp.

  10. 亀谷 幸憲,深潟 康二,
    「空間発達乱流境界層における壁面加熱による摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,
    日本機械学会第88期流体工学部門講演会,米沢,2010年10月30日−31日,pp. 369-370.

  11. 中西 李緒,守 裕也,深潟 康二,
    「進行波状壁面変形を用いたチャネル乱流の再層流化」,
    日本機械学会第88期流体工学部門講演会,米沢,2010年10月30日−31日,pp. 371-372.

  12. 村井 泰仁,深潟 康二,
    「プラズマアクチュエータを用いた進行波状吹出しによる乱流摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,
    日本機械学会第88期流体工学部門講演会,米沢,2010年10月30日−31日,pp. 373-374.

  13. 河田 卓也,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「変動速度・圧力同時計測における静圧プローブの形状に関する実験的研究」,
    日本機械学会第88期流体工学部門講演会,米沢,2010年10月30日−31日,pp. 445-446.

  14. 田村 秀一,深潟 康二,
    「CIP-Level Set法を用いた細胞膜モデル計算手法の開発」,
    第24回数値流体力学シンポジウム,横浜,2010年12月20日−22日,Paper B3-2, 2 pp.

  15. 東 孝祐,守 裕也,深潟 康二,
    「クエット流における進行波状吹出し・吸込みを用いた摩擦抵抗低減と伝熱促進の非相似制御」,
    第24回数値流体力学シンポジウム,横浜,2010年12月20日−22日,Paper C11-3, 3 pp.

2009

  1. 井上 薫,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「プラズマアクチュエータによる円柱周りの流れの制御」,
    日本機械学会関東学生会第48回学生員卒業研究発表講演会,水戸,2009年3月6日, Paper 414, 2 pp.

  2. 田村 秀一,横田 理央,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「マイクロ流路中の細胞挙動の数値シミュレーション」,
    日本機械学会関東学生会第48回学生員卒業研究発表講演会,水戸,2009年3月6日, Paper 705, 2 pp.

  3. 長谷部 仁美,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「DBDプラズマアクチュエータによる翼端渦の抑制」,
    日本機械学会関東学生会第48回学生員卒業研究発表講演会,水戸,2009年3月6日, Paper 608, 2 pp.

  4. 東 孝祐,守 裕也,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「進行波状吹出し吸込みを用いた摩擦抵抗低減と伝熱促進の非相似制御」,
    日本機械学会関東学生会第48回学生員卒業研究発表講演会,水戸,2009年3月6日, Paper 513, 2 pp.

  5. 村山 真理,張 智謙,田中 真人,深潟 康二,
    「NMLSAによる高階微分近似手法の効率化とMADO法への適用」,
    第14回計算工学講演会講演論文集,東京,2009年5月12日-14日,Paper D-13-5, 2 pp.

  6. 東 孝祐,守 裕也,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「等温度差チャネル流における進行波状吹出し・吸込みを用いた摩擦抵抗低減と伝熱促進の同時制御」,
    第46回日本伝熱シンポジウム,京都,2009年6月2日-4日, Paper F-1106, 2 pp.

  7. 村山 真理,張 智謙,田中 真人,深潟 康二,
    「NMLSAによる高階微分近似手法を用いたMADO法の検証」,
    第58回理論応用力学講演会,東京,2009年6月9日-11日, Paper 2G04, 2 pp.

  8. 深潟 康二,杉山 和靖,笠木 伸英,
    「アクティブ制御下の任意断面ダクト内流れにおける散逸の下限」,
    日本流体力学会年会2009,東京,2009年9月2日-4, Paper 35031, 2 pp

  9. 岩本 薫,越 雅彦,村田 章,深潟 康二,
    「平板境界層における壁面摩擦係数とレイノルズ応力の関係式について」,
    日本流体力学会年会2009,東京,2009年9月2日-4日, Paper 11023, 3 pp.

  10. 井上 薫,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「プラズマアクチュエータによる三次元撹乱を用いた円柱周りの流れの制御」,
    日本流体力学会年会2009,東京,2009年9月2日-4日, Paper 35024, 3 pp.

  11. 内藤 弘士,深潟 康二,
    「多孔質表面を持つ円柱周りの流れの数値シミュレーション」,
    日本流体力学会年会2009,東京,2009年9月2日-4日, Paper 35025, 2 pp.

  12. 深潟 康二,
    招待講演:「乱流摩擦抵抗低減のためのフィードバック制御システム」,
    日本機械学会2009年度年次大会,ワークショップ「流体関連機器研究のパラダイムシフトはできるか?〜研究・開発成功へのシナリオ〜」,盛岡,2009年9月16日.

  13. 田村 秀一,横田 理央,深潟 康二,
    「CIP-Level Set法を用いたマイクロ流路中の細胞挙動の数値シミュレーション」,
    第22回計算力学講演会,金沢,2009年10月10日-11日, Paper 2002, 2 pp.

  14. 長谷部 仁美,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「プラズマアクチュエータを用いた吹出し・吸込みによる翼端渦の抑制」,
    日本機械学会第87期流体工学部門講演会,名古屋,2009年11月7日-8日,pp. 57-58.

  15. 中 吉嗣,河田 卓也,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「熱線流速計と小型静圧プローブを用いた変動速度・圧力の同時測定」,
    日本機械学会第87期流体工学部門講演会,名古屋,2009年11月7日-8日,pp. 147-148.

  16. 亀谷 幸憲,深潟 康二,
    「乱流境界層における一様壁面吹出しによる摩擦抵抗低減の直接数値シミュレーション」,
    日本機械学会第87期流体工学部門講演会,名古屋,2009年11月7日-8日,pp. 179-180.

  17. オプフナー ジェローム,深潟 康二,
    「壁面進行波によるポンプ効果」,
    日本機械学会第87期流体工学部門講演会,名古屋,2009年11月7日-8日,pp. 181-182.

  18. 守 裕也,オプフナー ジェローム,深潟 康二,
    「進行波状加熱冷却を用いた摩擦抵抗低減効果の数値解析」,
    日本機械学会第87期流体工学部門講演会,名古屋,2009年11月7日-8日,pp. 183-184.

  19. 犬飼 翼,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「円柱周りのべき乗則流体の流れの数値シミュレーション」,
    日本機械学会第87期流体工学部門講演会,名古屋,2009年11月7日-8日,pp. 223-224.

2008

  1. 深潟 康二,
    招待講演:「随伴解析を用いた流体制御の基礎理論」,
    計測自動制御学会制御部門第8回ワークショップ「流れ現象のフィードバック制御」,京都,2008年3月4日.

  2. 深潟 康二,
    招待講演:「実用的なフィードバック制御則の開発」,
    計測自動制御学会制御部門第8回ワークショップ「流れ現象のフィードバック制御」,京都,2008年3月4日.

  3. 亀谷 幸憲,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「ピエゾフィルムを用いた混合層のアクティブ制御」,
    日本機械学会関東学生会第47回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2008年3月14日,pp. 197-198.

  4. 深潟 康二,
    竜門賞受賞記念講演:「壁に沿う流れの摩擦抵抗に対するレイノルズ応力分布の寄与」,
    日本流体力学会年会2008,神戸,2008年9月4日-7日.

  5. 中 吉嗣,河田 卓也,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「翼端渦流れにおける速度・圧力相関の測定」,
    日本流体力学会年会2008講演論文集(CD-ROM),神戸,2008年9月4日-7日,Paper No. 11033, 4 pp.

  6. 守 裕也,深潟 康二,オプフナー ジェローム,小尾 晋之介,
    「平行平板間流における進行波状体積力による摩擦抵抗低減効果の線形解析」,
    日本流体力学会年会2008講演論文集(CD-ROM),神戸,2008年9月4日-7日, Paper No. 33032, 4 pp.

  7. 島田 幸輔,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「周期撹乱を用いた二次元混合層の混合制御シミュレーション」,
    日本流体力学会年会2008講演論文集(CD-ROM),神戸,2008年9月4日-7日, Paper No. 33033, 4 pp.

  8. 亀谷 幸憲,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「乱流混合層におけるピエゾフィルムアクチュエータを用いた混合促進」,
    日本流体力学会年会2008講演論文集(CD-ROM),神戸,2008年9月4日-7日, Paper No. 33044, 4 pp.

  9. 内藤 弘士,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「多孔質体表面を持つ円柱周りの流れの数値シミューレーション」,
    日本流体力学会年会2008講演論文集(CD-ROM),神戸,2008年9月4日-7日, Paper No. 33052, 4 pp.

  10. 横田 理央,深潟 康二,小尾 晋之介,
    「渦法を用いた平行平板間乱流の解析」,
    日本流体力学会年会2008講演論文集(CD-ROM),神戸,2008年9月4日-7日, Paper No. 33135, 4 pp.

2007

  1. 深潟 康二,カーン ステファン,シャトラン フィリップ,コウモウツァーコス ペトロス,笠木 伸英,
    「乱流摩擦抵抗低減のための異方性弾性皮膜の最適化シミュレーション」,
    日本機械学会第85期流体工学部門講演会,広島,2007年11月17日-18日,Paper No. 115, 4 pp.

  2. 小林 道央,深潟 康二,笠木 伸英, 「大規模乱れの制御による壁乱流摩擦抵抗低減効果に対する検討」,
    日本流体力学会年会2007講演要旨集(CD-ROM),東京,2007年8月6日-8日,Paper No. 3_5_3_3, 2 pp.

  3. 賀 群武,深潟 康二,笠木 伸英
    「ドライアウトを伴うマイクロ管内二相流熱伝達のフェーズフィールド法シミュレーション」,
    第44回日本伝熱シンポジウム講演論文集,長崎,2007年5月22日-25日, pp. 99-100.

2006

  1. 賀 群武,深潟 康二,笠木 伸英,
    「マイクロチューブ内の気液二相流のドライアウトの数値シミュレーション」
    第20回数値流体力学シンポジウム,名古屋,2006年12月18日-20日 (2006), Paper F9-3, 8 pp.

  2. 光石 暁彦,深潟 康二,笠木 伸英,
    「能動制御下の同軸噴流における縦渦構造の初期発達機構」,
    日本流体力学会年会2006講演要旨集(CD-ROM),福岡,2006年9月15日-17日 (2006), Paper AM06-22-003, 4 pp.

  3. 小林 道央,笠木 伸英,深潟 康二,遠藤 誉英,鈴木 雄二,
    「壁乱流フィードバック制御システムにおけるアクチュエータの寸法効果」,
    日本流体力学会年会2006講演要旨集(CD-ROM),福岡,2006年9月15日-17日 (2006), Paper AM06-12-007, 5 pp.

  4. 深潟 康二,笠木 伸英,コウモウツァーコス ペトロス,
    「超撥水面による乱流摩擦抵抗低減効果の理論予測」,
    日本流体力学会年会2006講演要旨集(CD-ROM),福岡,2006年9月15日-17日 (2006), Paper AM06-12-002, 4 pp.

2005

  1. 深潟 康二,岩本 薫,笠木 伸英,
    「局所乱流熱流束の寄与に関する考察に基づく乱流熱伝達制御の可能性」,
    熱工学コンファレンス2005,岐阜,2005年11月, pp 329-330.

  2. 鈴木 雅幸,深潟 康二,鹿園 直毅,笠木 伸英,
    「SOFCの高効率化に向けた熱物質輸送・電気化学反応の特性評価」,
    熱工学コンファレンス2005,岐阜,2005年11月, pp 263-264.

  3. 深潟 康二,笠木 伸英,
    「壁面応力とバッファ層乱れの相関に基づくフィードバック制御則」,
    日本機械学会第83期流体工学部門講演会, 金沢, 2005年10月 (CD-ROM), Paper 815, 4 pp.

  4. 深潟 康二,笠木 伸英,杉山 和靖,
    「乱流摩擦抵抗低減制御におけるエネルギーゲインについて」,
    日本流体力学会年会2005, 東京, 2005年9月,Paper AM05-01-002, 4 pp.

  5. ウアアーラヤーポーン ポイシャット,深潟 康二,笠木 伸英,姫野 武洋,
    「マイクロ管内における気液二相流熱伝達の数値シミュレーション」,
    日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 東京, 2005年8月,pp. 213-214.

  6. 深潟 康二,笠木 伸英,
    「層流値以下の摩擦抵抗を達成するフィードバック制御」,
    開放融合研究「乱流制御による新機能流体システムの創出」平成16年度研究成果報告会,東京,2005年1月,1 p. [優秀講演者賞]

2004

  1. ジャークタノン チャイナロン,深潟 康二,笠木 伸英,
    「セルソータ用マイクロ混合器における磁性粒子運動の数値シミュレーション」,
    第18回数値流体力学シンポジウム講演論文集,東京,2004年12月 (CD-ROM), Paper C6-2, 5 pp.

  2. 深潟 康二,笠木 伸英,
    「層流値以下の摩擦抵抗を達成する壁乱流のマニピュレーション」,
    第18回数値流体力学シンポジウム講演論文集,東京,2004年12月 (CD-ROM), Paper A2-4, 4 pp.

  3. 鈴木 雅幸,深潟 康二,鹿園 直毅,笠木 伸英,
    「平板型SOFC内部の熱流動及び電気化学反応に関する数値解析」,
    熱工学コンファレンス2004 講演論文集, 仙台, 2004年11月, pp. 413-414.

  4. 光石 暁彦,深潟 康二,笠木 伸英,
    「制御された閉空間内同軸噴流における渦輪の挙動と物質混合過程」,
    日本流体力学会年会2004, 名古屋, 2004年8月 (ながれ 23別冊), pp. 304-305.

  5. 笠木 伸英,深潟 康二,岩本 薫,
    「高レイノルズ乱流制御への挑戦」,
    シンポジウム「乱流要素渦による乱流理論・予測・制御の新展開」,京都,2004年2月,4 pp.

  6. 深潟 康二,岩本 薫,笠木 伸英,鈴木 雄二,
    「高レイノルズ数壁乱流における知的抵抗低減制御の効果」,
    開放融合研究「乱流制御による新機能流体システムの創出」平成15年度研究成果報告会,東京,2004年1月,1 p.

2003

  1. 光石 暁彦,深潟 康二,笠木 伸英,
    「モデル燃焼器における混合能動制御のDNS」,
    第17回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2003年12月 (CD-ROM), B1-2, 5 pp.
    &ref(): File not found: "mitsuishi-jcfd03.pdf" at page "Dconf";

  2. 深潟 康二,笠木 伸英,
    「壁面近傍レイノルズ応力の抑制を目的とした準最適制御」,
    日本流体力学会年会2003, 東京, 2003年7月, (ながれ 22別冊),pp. 418-419.

  3. 田中 博人,深潟 康二,笠木 伸英,鈴木 宏明,
    「生化学分析用マイクロ混合器における固体粒子運動のラグランジュ的数値解析」,
    日本混相流学会年会2003 講演論文集, 大阪, 2003年7月, pp. 219-220.

  4. 谷本 浩一,野口 浩徳,石賀 宏明,笠木 伸英,福島 直哉,深潟 康二,
    「高低温水合流部の温度ゆらぎに対する解析的アプローチ」,
    第17回熱流体先端技術講演会,東京,2003年5月, 4 pp.

  5. 笠木 伸英,鈴木 雄二,鹿園 直毅,深潟 康二,
    「知的乱流制御の実証を支援する大規模数値シミュレーション」,
    東大IMLシンポジウム2003, 東京, 2003年11月, 1 p. + 1 paper.

  6. 深潟 康二,笠木 伸英,
    「壁面近傍レイノルズ剪断応力の操作を目的とした準最適制御アルゴリズム」,
    開放融合研究「乱流制御による新機能流体システムの創出」平成14年度研究成果報告会,東京,2003年1月,1 p. [優秀講演者賞]

  7. 深潟 康二,笠木 伸英,
    「管内乱流抵抗低減のためのフィードバック制御の直接数値シミュレーション」,
    日本流体力学会年会2002, 仙台, 2002年7月 (ながれ 21別冊), pp. 166-167.

  8. 福島 直哉,深潟 康二,笠木 伸英,
    「T形合流部における乱流混合の直接数値シミュレーション」,
    第39回日本伝熱シンポジウム講演論文集,札幌,2002年6月 pp. 29-30.

  9. 笠木 伸英,深潟 康二,
    「円管内乱流のアクティブ・フィードバック制御」,
    開放融合研究「乱流制御による新機能流体システムの創出」平成13年度研究成果報告会,東京,2002年1月,1 p.

-2002

  1. 深潟 康二,笠木 伸英,
    「円筒座標系に於けるエネルギー保存差分スキーム」,
    第15回数値流体力学シンポジウム講演論文集,東京,2001年12月 (CD-ROM), C02-3 (日本数値流体力学会, 2001).

  2. 笠木 伸英,深潟 康二,岩本 薫,吉野 崇,津田 幹,三輪 潤一,吉田 博夫,瀬川 武彦,
    「壁乱流のアクティブ・フィードバック制御におけるセンサ/アクチュエータの要求条件」,
    開放融合研究「乱流制御による新機能流体システムの創出」平成13年度中間報告会,東京,2001年10月,1 p.

  3. 深潟 康二,
    招待講演:「固気混相流動解析技術の現状」,
    原子力高度技術研究会プラントシステムの高度化 第V-1回作業部会録, pp. 20-33 (原子力化学工学センター, 1998).


Last-modified: 2017-09-01 (金) 12:00:40 (82d)
Copyright © 2007-2017 Fukagata Lab., Keio University, All rights reserved.