170323.jpg

学位論文


2016年度

修士論文

  • Yuta Ikeya, "Revisiting Hot-Wire Anemometry Close to Solid Walls," MEng Thesis, Keio University & KTH Royal Institute of Technology (2017), 83 pp.
  • Shota Mukumoto, "An Attempt for Flexible Control of Drag and Lift Forces by Plasma Actuators," MEng Thesis, Keio University (2017), 79 pp.

卒業論文

  • 岩佐 大器,「チャネル中に置かれた角柱周り流れの数値解析および抗力係数補正式の提案」,慶應義塾大学卒業論文 (2017), 73 pp.
  • 江藤 薫子,「一様吹出しによる翼面摩擦抵抗低減の風洞実験」,慶應義塾大学卒業論文 (2017), 85 pp.
  • 金子 凜太郎,「プラズマアクチュエータを用いた低レイノルズ数条件下での翼のはく離制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2017), 48 pp.
  • 川越 愛夏,「レゾルベント解析の示唆に基づく乱流摩擦抵抗低減手法の提案」,慶應義塾大学卒業論文 (2017), 62 pp.
  • 難波江 佑介,「乱流抵抗低減のための進行波状壁面変形のベイズ最適化」,慶應義塾大学卒業論文 (2017), 120 pp.
  • 肥留間 大輔,「Kurganov-Tadmor高解像度中心差分スキームを用いたチャネル乱流の直接数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2017), 69 pp.
  • 米道 卓音,「PM2.5の帯電状態測定のための平行電極板型分級デバイスの数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2017), 92 pp.

2015年度

修士論文

  • Satoru Hataoka, "Measurement of Vortex Suppression Effects by Plasma Actuators Using Stereo Particle Image Velocimetry," MEng Thesis, Keio University (2016), 95 pp.
  • Yuta Morimoto, "Numerical Study on Body-Force Improvement of a Plasma Actuator Using Spanwise Non-Uniformity," MEng Thesis, Keio University (2016), 85 pp.

卒業論文

  • 猪澤 優介,「種々の誘電体を持つ平板型プラズマアクチュエータの特性評価」,慶應義塾大学卒業論文 (2016), 72 pp.
  • 小田 武春,「非線形異方性弾性皮膜を用いたチャネル乱流摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2016), 56 pp.
  • 河合 謙,「進行波状壁面変形によるチャネル乱流抵抗低減のパラメトリックスタディ」,慶應義塾大学卒業論文 (2016), 108 pp.
  • 近藤 佑亮,「圧力こう配を伴う平板乱流境界層における吹出し・吸込み制御の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2016), 75 pp.
  • 中島 聡,「様々な乱流摩擦抵抗低減手法に対するレゾルベント解析の有用性検証」,慶應義塾大学卒業論文 (2016), 78 pp.
  • 藤田 洋輔,「角柱周り流れの準最適制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2016), 49 pp.

2014年度

博士論文

修士論文

  • Yosuke Anzai, "Numerical Simulation of a Low-Reynolds Number Flow Around a Square Cylinder Controlled Using Plasma Actuators," MEng Thesis, Keio University (2015), 117 pp.
  • Haruhiko Gejima, "Experimental Study on Vortex Generator-Type Plasma Actuator: Basic Performance and Application to Suppression of Vortex Shedding," MEng Thesis, Keio University (2015), 152 pp.
  • Ryosuke Kidogawa, "Friction Drag Reduction in High Reynolds Number Spatially Developing Turbulent Boundary Layer Using Uniform Blowing Control," MEng Thesis, Keio University (2015), 87 pp.
  • Ayane Kotake, "Mach Number Dependency of Drag Reduction/Enhancement Effect by Uniform Blowing/Suction in a Supersonic Turbulent Channel Flow," MEng Thesis, Keio University (2015), 75 pp.
  • Kohei Matsumoto, "Numerical Experiments of Ion Transport Around a Plasma Actuator," MEng Thesis, Keio University (2015), 79 pp.
  • Daigo Noguchi, "Friction Drag Reduction of a Spatially Developing Boundary Layer Using a Combined Uniform Suction and Blowing," MEng Thesis, Keio University (2015), 73 pp.
  • Keisuke Uchino, "Direct Numerical Simulation of Dissimilar Control of Momentum and Heat Transfers Using Traveling Wave-Like Wall Deformation," MEng Thesis, Keio University (2015), 80 pp.

卒業論文

  • 兵頭 義章,「プラズマアクチュエータのバースト駆動による角柱周り流れの制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2015), 47 pp.
  • 小西 伯弥,「波形電極を備えたプラズマアクチュエータの特性評価」, 慶應義塾大学卒業論文 (2015), 47 pp.
  • 小坪 義典,「波状固定壁面を用いた乱流摩擦抵抗低減の試み」,慶應義塾大学卒業論文 (2015), 63 pp.
  • 溝渕 杏奈,「小型マルチコプターのためのプロペラの推力向上に関する研究」,慶應義塾大学卒業論文 (2015), 77 pp.
  • 森 栄亮,「一様吹出しによる粗面乱流抵抗低減の直接数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2015), 50 pp.
  • 椋本 翔太,「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御のラージ・エディ・シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2015), 55 pp.

2013年度

修士論文

  • Kazutaka Hashimoto, "Phase Field Simulation of Two-Phase Surface Behavior Under a Uniform Shear," MEng Thesis, Keio University (2014), 64 pp.
  • Takuji Mizokami, "Lift and Drag Manipulation Using Dielectric Barrier Discharge Plasma Actuators Installed on the Wingtips," MEng Thesis, Keio University (2014), 84 pp.
  • Tetsuya Nakamura, "Effects of a Forest Clearing: Experimental and Numerical Assessment," MEng Thesis, Keio University & KTH Royal Institute of Technology (2014), 53 pp.
  • Kazutaka Nakayama, "Extension of Extremum Seeking Toward Dynamical Optimization in Unsteady Flow Problems, " MEng Thesis, Keio University (2014), 81 pp.
  • 瀧浪 遼,「プラズマアクチュエータの特性評価および新幹線パンタグラフ舟体の騒音低減への適用」,慶應義塾大学修士論文 (2014), 80 pp.
  • Yumi Utsugi, "Numerical Simulation of Flow Around Two Airfoils in Formation Flight," MEng Thesis, Keio University (2014), 60 pp.
  • Takashi Yanai, "Analysis of Start-Up Properties of Vertical Axis Wind Turbine by Means of Flow Simulation," MEng Thesis, Keio University (2014), 78 pp.

卒業論文

  • 池谷 宥太,「陸屋根に設置された太陽光パネルにはたらく力の計測および制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2014), 92 pp.
  • 竹村 泰紀,「レベルセット関数を用いた埋め込み境界法の高精度化手法の開発」,慶應義塾大学卒業論文 (2014), 45 pp.
  • 畑岡 諭,「プラズマアクチュエータを適用した翼周り流れの微小流体力測定」,慶應義塾大学卒業論文 (2014), 63 pp.
  • 藤本 研也,「波状壁面を用いたチャネル乱流の抵抗低減の直接数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2014), 97 pp.
  • 牧原 侑紀,「貫通孔を用いた角柱周り流れ制御の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2014), 43 pp.
  • 森本 雄太,「プラズマアクチュエータの三次元数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2014), 72 pp.

2012年度

博士論文

修士論文

  • Taichi Igarashi, "Direct Numerical Simulation of Flow Around a Circular Cylinder Controlled Using Plasma Actuators," MEng Thesis, Keio University (2013), 84 pp.
  • Nobuhito Tomiyama, "Direct Numerical Simulation of Drag Reduction in a Turbulent Channel Flow using Spanwise Traveling Wave-Like Wall Deformation," MEng Thesis, Keio University (2013), 72 pp.
  • Seiya Yamamoto, "Numerical Simulation of a Plasma Actuator Based on Ion Transport," MEng Thesis, Keio University (2013), 79 pp.
  • Sho Watanabe, "Direct Numerical Simulation of Friction Drag Reduction in a Turbulent Channel Flow Using Superhydrophobic Surfaces," MEng Thesis, Keio University (2013), 88 pp.

卒業論文

  • 小竹 彩音,「一様吹出し・吸込みを伴う超音速チャネル乱流の直接数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2013), 58 pp.
  • 安西 陽祐,「プラズマアクチュエータを用いた角柱周り流れ制御の二次元数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2013), 41 pp.
  • 木戸川 亮祐,「一様吹出し・吸込みを伴う高レイノルズ数チャネル乱流のデタッチドエディシミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2013), 53 pp.
  • 槐島 治彦 ,「ボルテックスジェネレータ型プラズマアクチュエータの特性評価」,慶應義塾大学卒業論文 (2013). 74 pp.
  • 野口 大悟 ,「プラズマアクチュエータを適用した翼周り流れのPIV計測および流体力の測定」,慶應義塾大学卒業論文 (2013), 52 pp.
  • 松元 康平,「プラズマアクチュエータへの印加電圧波形を変化させた場合のイオン輸送の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2013), 37 pp.
  • Siti Ruhliah Lizarose Binti Samion, "Numerical Simulation of Aeolian Sound in Flow over a Square Cylinder and its Suppression Using Plasma Actuators," BEng Thesis, Keio University (2013).

2011年度

博士論文

修士論文

  • Christophe Le Dauphin, "Opposition and Selective Control for Drag Reduction in Taylor-Couette Flow," MEng Thesis, Keio University (2011), 79 pp.
  • 川越 真之,「周期的撹乱を用いた二次元混合層の混合促進・抑制の数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2012), 112 pp.
  • 中西 李緒,「進行波状壁面変形を用いたチャネル乱流の抵抗低減および再層流化の直接数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2012), 89 pp.
  • 村井 泰仁,「プラズマアクチュエータを用いたチャネル乱流における摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2012), 95 pp.

卒業論文

  • 宇都木 佑美,「翼端渦に進入する翼周りの流れの数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2012),41 pp.
  • 瀧浪 遼,「新幹線パンタグラフ騒音低減のためのプラズマアクチュエータの特性評価」,慶應義塾大学卒業論文 (2012),98 pp.
  • 中山 雄貴,「極値探索法を用いた直接数値シミュレーションに基づく流れ中の物体形状最適化」,慶應義塾大学卒業論文 (2012),50 pp.
  • 橋本 和卓,「界面捕獲法を用いた単純せん断下の二相界面挙動の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2012),63 pp.
  • 溝上 拓二,「プラズマアクチュエータを用いた翼端渦抑制における迎角の影響」,慶應義塾大学卒業論文 (2012),51 pp.

2010年度

修士論文

  • 井上 薫,「円柱周り流れにおけるプラズマアクチュエータを用いた剥離制御のPIV計測」,慶應義塾大学修士論文 (2011), 145 pp.
  • 田村 秀一,「CIP-Level Set法に基づく生体細胞を含む流れの数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2011), 179 pp.
  • 長谷部 仁美,「プラズマアクチュエータを用いた翼端渦抑制の数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2011), 87 pp.
  • 東 孝祐,「平行平板間流における摩擦抵抗低減と伝熱促進の非相似制御に関する数値解析」,慶應義塾大学修士論文 (2011), 108 pp.

卒業論文

  • 五十嵐 大智,「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御の三次元数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2011),73 pp.
  • 富山 暢仁,「極値探索法を用いた二次元翼の揚力制御の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2011),73 pp.
  • 中村 哲哉,「高マッハ数平行平板間乱流における摩擦抵抗低減制御の直接数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2011),43 pp.
  • 矢内 貴士,「障害物を有する鉛直矩形管内における液相中の気泡/液滴挙動のPIV計測」,慶應義塾大学卒業論文 (2011),100 pp.
  • 山本 聖也,「プラズマアクチュエータにおけるイオン輸送の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2011),56 pp.

2009年度

修士論文

  • 犬飼 翼,「円柱をよぎるべき乗則流体の流れの数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2010), 88 pp.
  • 亀谷 幸憲,「空間発達乱流境界層における摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2010), 90 pp.
  • 村山 真理,「一般化最小自乗法を用いたメッシュフリー数値解析法の開発」,慶應義塾大学修士論文 (2010), 74 pp.

卒業論文

  • 川越 真之,「二次元混合層における混合促進・抑制の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2010),48 pp.
  • 木戸 善幸,「ピエゾフィルムアクチュエータを用いた三次元周期撹乱による乱流混合制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2010),74 pp.
  • 高田 基史,「レイノルズ応力収支式に基づく乱流摩擦抵抗低減の準最適制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2010),63 pp.
  • 中西 李緒,「進行波状壁面変形による摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2010),52 pp.
  • 松永 光生,「プラズマアクチュエータを用いた円柱周り流れ制御の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2010),78 pp.
  • 村井 泰仁,「プラズマアクチュエータを用いた乱流摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2010),65 pp.

2008年度

修士論文

  • 島田 幸輔,「周期的撹乱を加えた二次元混合層の数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2009), 139 pp.
  • 内藤 弘士,「多孔質体の表面を持つ円柱周りの流れの数値シミュレーション」,慶應義塾大学修士論文 (2009), 86 pp.
  • 守 裕也,「壁面進行波を用いた摩擦抵抗低減効果の数値解析」,慶應義塾大学修士論文 (2009), 150 pp.

卒業論文

  • 井上 薫,「プラズマアクチュエータによる円柱まわりの流れの制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2009), 49 pp.
  • 田村 秀一,「マイクロ流路中の細胞挙動の数値シミュレーション」,慶應義塾大学卒業論文 (2009), 107 pp.
  • 坪井 健一郎,「ピエゾフィルムを用いた周期的撹乱による乱流混合層制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2009), 63 pp.
  • 長谷部 仁美,「DBDプラズマアクチュエータによる翼端渦の抑制」,慶應義塾大学卒業論文 (2009), 79 pp.
  • 東 孝祐,「二次元平行平板間流れにおける進行波状吹出し・吸込みによる摩擦抵抗低減と伝熱促進の非相似制御」,慶應義塾大学卒業論文 (2009), 73 pp.

2007年度

卒業論文

  • 亀谷 幸憲,「ピエゾフィルムを用いた周期的撹乱による乱流混合層の混合促進」,慶應義塾大学卒業論文 (2008), 75 pp.

 


深潟の学位論文など

博士論文

Licentiate論文

  • K. Fukagata, "Large Eddy Simulation of Particulate Turbulent Channel Flows," TRITA-MEK Technical Report 1997:11 (Licentiate Thesis), vi + 16pp. + 3 papers (KTH, Stockholm, 1997), ISRN KTH/MEK/TR-97/11-SE.

卒業論文

  • 深潟 康二,「粒子法のための拡散モデルの開発」,東京大学卒業論文 (1994), 145 pp.

内部レポート

  1. K. Fukagata, "DNS code for turbulent channel flow," Fukagata Lab. Internal Textbook, No. FLIT-1201 (Fukagata Lab., Keio University, 2012), 76 pp. FLIT-1201.jpg

  2. K. Fukagata, "Development of DNS code for turbulent pipe flow," THTLAB Internal Report, No. ILR-0104 (Turbulence and Heat Transfer Laboratory, The Univ. of Tokyo, 2001), 62pp.

  3. K. Fukagata and S. Zahrai, "Simulation of particle motion in a turbulent velocity field, part II," ABB Corporate Research Technical Report 1996:107 (ABB Corporate Research, Västerås, 1996), 35pp., ISRN SECRC/B/TR-96/107E.

  4. K. Fukagata, "Simulation of particle motion in a turbulent velocity field, part I," ABB Corporate Research Technical Report 1995:162 (ABB Corporate Research, Västerås, 1995), 20pp. ISRN SECRC/KB/TR-95/162E.


Last-modified: 2017-05-23 (火) 12:15:30 (123d)
Copyright © 2007-2017 Fukagata Lab., Keio University, All rights reserved.