亀谷 幸憲(かめたに ゆきのり)

kametani.JPG

経歴

  • 1985年7月14日 和歌山県新宮市生まれ
  • 2004年3月 慶應義塾高等学校卒業
  • 2008年3月 慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業
  • 2010年3月 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻修士(工学)課程修了
  • 2010年4月〜 慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻博士課程在籍
    • 2011年4月〜2012年3月 パリ第6大学

研究テーマ

  • 2009年度〜現在:「空間発達乱流境界層の摩擦抵抗低減制御」
    流体の持つ粘性により,自動車・鉄道・航空機等の高速輸送機には流体摩擦抵抗が生じます.摩擦抵抗の低減制御の確立により,エネルギー消費を抑えて環境負荷の軽減が可能となります.本研究では,数値シミュレーションを用いて,乱流条件下で著しく増加する摩擦抵抗の低減制御手法の提案・検証を行っています.
  • 2008年度:「ピエゾフィルムアクチュエータを用いた乱流混合層の混合促進制御」
    密度や速度差を生じた流体が合流する場には乱流混合層が現れます.この際の混合の度合いを制御することで,内燃機関内の燃焼効率向上やジェットエンジン出口の騒音を減らすことが期待されています.本研究では,圧電素子であるピエゾフィルム(PVDF)アクチュエータを用いた混合層の制御を目的としています.; equip.jpg

発表

国際会議

  • Y. Kametani and K. Fukagata,
    "Direct numerical simulation of spatially developing supersonic boundary layer for skin friction drag reduction,
    9th Int. ERCOFTAC Symp. on Engineering Turbulence Modeling and Measurements (ETMM9), Thessaloniki, June 6-8, 2012, Paper No. 0121, 6 pp.
  • Y. Kametani and K. Fukagata, "Numerical simulation of friction drag reduction control in spatially developing boundary layer," Proc. 8th EUROMECH Fluid Mechanics Conf., Bad Reichenhall, Germany, September 13-16, 2010, Paper S4-24, 1 p.
  • Y. Kametani, K. Fukagata, and S. Obi, "Direct numerical simulation of traveling wave control in spatially developing turbulent boundary layers," Proc. The Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow (ASCHT09), Jeju, Oct. 20-22, 2009, Vol. II, pp. 140-145.
  • Y. Kametani and K. Fukagata, "Direct numerical simulation of spatially developing turbulent boundary layer for skin friction drag reduction by wall surface-heating or cooling," Proc. 7th Int Symp. on Turbulence and Shear Flow Phenomena, Ottawa, Canada, Jully 28-31, 2011, Paper 7C1P, 5 pp.

国内会議

  • 亀谷 幸憲,深潟 康二,「空間発達乱流境界層における壁面加熱による摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,日本機械学会第88期流体工学部門講演会,米沢,2010年10月30日−31日,pp. 369-370.
  • 亀谷 幸憲,深潟 康二,「乱流境界層における一様壁面吹出しによる摩擦抵抗低減の直接数値シミュレーション」,日本機械学会第87期流体工学部門講演会,名古屋,2009年11月7日-8日,pp. 179-180.
  • 亀谷 幸憲,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,「乱流混合層におけるピエゾフィルムアクチュエータを用いた混合促進」,日本流体力学会年会2008講演論文集(CD-ROM),神戸,2008年9月4日-7日, Paper No. 33044, 4 pp.
  • 亀谷 幸憲,中 吉嗣,深潟 康二,小尾 晋之介,「ピエゾフィルムを用いた混合層のアクティブ制御」,日本機械学会関東学生会第47回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,東京,2008年3月14日,pp. 197-198.

論文

雑誌論文

  • Y. Kametani and K. Fukagata, "Direct numerical simulation of spatially developing turbulent boundary layer for skin friction drag reduction by wall surface-heating or cooling," J. Turbulence 13, N34, 1-20 (2012).
  • Y. Kametani and K. Fukagata, "Direct numerical simulation of spatially developing turbulent boundary layers with uniform blowing or suction," J. Fluid Mech. 681, 154-172 (2011).
  • Y. Naka, K. Tsuboi, Y. Kametani, K. Fukagata, and S. Obi, "Near-field development of a turbulent mixing layer periodically forced by a bimorph PVDF film actuator," J. Fluid Sci. Technol. 5, 156-168 (2010).

学位論文

  • 「空間発達乱流境界層における摩擦抵抗低減の数値シミュレーション」,慶應義塾大学大学院修士論文 (2010).
  • 「ピエゾフィルムを用いた周期的撹乱による乱流混合層の混合促進」,慶應義塾大学卒業論文 (2008).

受賞

  • Global COE Program, The 3rd International Symposium, Best Poster Award, 2011年2月25日.
  • JSPS サイエンス・ダイアログ感謝状,2010年10月27日.
  • 日本機械学会関東支部神奈川ブロック 学生奨励賞,2008年11月21日.

その他

  • 日本学術振興会特別研究員 (2012-)
  • グローバルCOE「環境共生・安全システムデザインの先導拠点」 Research Assistant (RA, 2010-)
  • 日吉インターナショナルハウス Resident Assistant (RA, 2010/2012)

Last-modified: 2014-09-05 (金) 15:42:31 (1627d)
Copyright © 2007-2019 Fukagata Lab., Keio University, All rights reserved.