過去のNews

2018年

2018-12-25Out now!【注目研究 in 年会2018】深潟 康二,山本 誠,岩本 薫,長谷川 洋介,塚原 隆裕,福島 直哉,守 裕也,青木 義満,「機械学習を用いた乱流の特徴抽出手法の構築に向けて」,ながれ 37, 524-527 (2018).
2018-12-21181221.jpg江藤(M2)が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞を、岩佐(M2)と廣川(M1)が日本機械学会流体工学部門優秀講演表彰を受賞しました!
2018-12-19Out now!S. Nakashima, M. Luhar, and K. Fukagata, "Reconsideration of spanwise rotating turbulent channel flows via resolvent analysis," J. Fluid Mech. 861, 200-222 (2019).
2018-12-14181214.jpg深潟Prometech Simulation Conference 2018 (12/13@東京) および 日本機械学会RC277分科会(12/14@仙台)で招待講演を行いました。
2018-12-11181211.jpg村田(M1)、長谷川(B4)が第32回数値流体力学シンポジウム(東京)で講演を行いました。
2018-11-30181130.jpg岩佐(M2)、江藤(M2)、川越(M2)、難波江(M2)、肥留間(M2)、米道(M2)、廣川(M1)、村田(M1)が日本機械学会第96期流体工学部門講演会(室蘭)で発表を行いました。
2018-11-20181120.jpg肥留間(M2)、廣川(M1)がAPS-DFD 2018 (Atlanta)で講演を行いました。
2018-10-20181020.jpg深潟日本機械学会熱工学部門貢献表彰を受けました。
(表彰対象となった日韓熱流体工学会議のVice Chair東北大・丸田先生と一緒にパチョリ [bigsmile]
2018-10-17181017-1.jpg村田(M1)が第14回乱流制御研究会で優秀賞(Outstanding Presentation Award)を受賞しました。
2018-10-16181016.jpgHosnieh Korの博士論文公聴会が開催されました。
2018-09-28180928.jpg難波江(M2)がETMM12 (Montpellier)で講演を行いました。
2018-09-12180912.jpg江藤(M2)、川越(M2)、難波江(M2)がEFMC12 (Vienna)で講演を行いました。
2018-09-05180905.jpg江藤(M2)、難波江(M2)、深潟日本流体力学会年会2018 (大阪)で講演を行いました。
2018-09-03180903.jpg米道(M2)が10th International Aerosol Conference (IAC 2018)(St. Loius)で発表を行いました。
2018-08-31180831.jpg小尾研安藤研香港科技大と合同ワークショップ@香港科技大を開催しました。
2018-08-02180802.jpg2018年度塾内高校生のための夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2018-07-31Out now!光用 剛,池田 充,末木 健之,臼田 隆之,深潟 康二,「パンタグラフの空力音を低減する」,RRR 75, 16-19 (2018).
2018-07-26Out now!H. Kor, M. Badri Ghomizad, and K. Fukagata, "Extension of the unified interpolation stencil for immersed boundary method for moving boundary problems," J. Fluid Sci. Technol. 13, JFST0008 (2018).
2018-07-25180725.jpg岩佐(M2)がWCCM 2018 (New York)で講演を行いました。
2018-07-18watanabe-fdr17.jpg超撥水面に関する論文(Watanabe et al., 2017)がFluid Dyn. Res.Highlights of 2017 に選ばれました。
2018-06-26180626.jpg江藤(M2)がAIAA Aviation Forum (Atlanta)で講演を行いました。
2018-06-23mov_CaseB_u\'.gif機械学習を用いた入口乱流生成(K. Fukami, K. Kawai, and K. Fukagata, "A synthetic turbulent inflow generator using machine learning," arXiv:1806.08903 [physics.flu-dyn])の動画をアップしました。
2018-06-09180609.jpg深潟東京都立西高等学校で訪問講義を行いました。
2018-06-06Out now!K. Date, K. Fukagata, and T. Ishigure, "Core position alignment in polymer optical waveguides fabricated using the Mosquito method," Opt. Express 26, 15632-15641 (2018).
2018-04-09Out now!W. Hua and K. Fukagata, "Influence of grid resolution in fluid-model simulation of nanosecond dielectric barrier discharge plasma actuator," AIP Advances 8, 045209 (2018).
2018-04-02whiteKAKENHIlogoS_jp.jpg科研費基盤研究(A)「機械学習による乱流ビッグデータの特徴抽出手法の構築」が始まりました!
2018-04-02ted-nl.jpg第9回日韓熱流体工学会議(TFEC9, 沖縄)の開催報告が日本機械学会熱工学部門ニューズレター2018年4月号に掲載されました。
2018-03-30002.gif米道(M1)の第9回日韓熱流体工学会議(TFEC9, 沖縄)での発表内容(応用化学科・奥田研究室との共同研究)が、日本機械学会流体工学部門ニューズレター「流れ」2018年3月号で紹介されました。
2018-03-28180328.jpg中島(M2)が自動車技術会 大学院研究奨励賞を受賞しました。
2018-03-27深潟がUS-Japan Workshop on Bridging Fluid Mechanics and Data Science(東京)で講演を行いました。
2018-03-26180326-fukami.jpg深見(B4)が慶應義塾大学理工学部機械工学科 卒業研究優秀発表賞を受賞しました。
2018-03-26180326-morita.jpg森田(B4)が日本機械学会 畠山賞を受賞しました。
2018-03-16深潟がWorkshop on Active Drag Reduction (Aachen)で招待講演を行いました。
2018-03-16廣川(B4)、深見(B4)、村田(B4)、山(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(東京)で発表しました。
2018-01-23180123.jpg深見(B4)が第12回乱流制御研究会(東京)にて、最優秀賞(BPA)を受賞しました。

2017年

2017-12-30Out now!Y. Kametani, A. Kotake, K. Fukagata, and N. Tokugawa, "Drag reduction capability of uniform blowing in supersonic wall-bounded turbulent flows," Phys. Rev. Fluids 2, 123904 (2017).
2017-12-25171225.jpg米道(M1)が第9回日韓熱流体工学会議(TFEC9, 沖縄)での発表に対して、日本機械学会流体工学部門優秀講演表彰を受賞しました。
2017-12-12171212.jpg深潟Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow (ASCHT2017, Chennai, India)で招待講演を行いました。
2017-12-04Out now!E. Mori, M. Quadrio, and K. Fukagata, "Turbulent drag reduction by uniform blowing over a two-dimensional roughness," Flow Turbul. Combust. 99, 765–785 (2017).
2017-11-24171124.jpg米道(M1)がKasetsart University - Keio University Mechanical Engineering Exchange Programで発表しました。
2017-11-22171122.jpg化(D3)、中島(M2)、藤田(M2)、川越(M1)が第70回米国物理学会流体力学部門年会(APS-DFD 2017,デンバー)で発表しました。
2017-11-21Out now!Y. Ikeya, R. Örlü, K. Fukagata, and P. H. Alfredsson, "Towards a theoretical model of heat transfer for hot-wire anemometry close to solid walls," Int. J. Heat Fluid Flow 68, 248-256 (2017).
2017-10-30171030.jpgKor (D3)、Badri Ghomizad (D3)、猪澤(M2)、岩佐(M1)、江藤(M1)、川越(M1)、難波江(M1)、肥留間(M1)、米道(M1)が第9回日韓熱流体工学会議(TFEC9,沖縄)で発表しました。
2017-10-11171011.jpg中島(M2)が第11回乱流制御研究会(東京)にて、最優秀賞(BPA)を受賞しました。
2017-09-11170911.jpg近藤(M2)が2017 Keio-Korea-Yonsei (KKY) Mechanical Engineering Symposium of Graduate Studentsで発表しました。
2017-09-04Out now!S. Nakashima, K. Fukagata, and M. Luhar, "Assessment of suboptimal control for turbulent skin friction reduction via resolvent analysis," J. Fluid Mech. 828, 496-526 (2017).
2017-08-30難波江(M1)が日本流体力学会年会2017(東京)で発表しました。
2017-08-24170824.jpg近藤(M2)、中島(M2)、川越(M1)が16th European Turbulence Conference (ETC16, Stockholm)で発表しました。
2017-08-02170802.jpg2017年度塾内高校生のための夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2017-05-26Out now!H. Kor, M. Badri Ghomizad, and K. Fukagata, "A unified interpolation stencil for ghost-cell immersed boundary method for flow around complex geometries," J. Fluid Sci. Technol. 12, JFST0011 (2017).
2017-04-25Out now!Y. Anzai, K. Fukagata, P. Meliga, E. Boujo, and F. Gallaire, "Numerical simulation and sensitivity analysis of a low-Reynolds-number flow around a square cylinder controlled using plasma actuators," Phys. Rev. Fluids 2, 043901 (2017).
2017-04-06170406.jpg森(M2)がEuropean Drag Reduction and Flow Control Meeting (EDRFCM, Rome)で発表しました。
2017-03-23170323.jpg江藤(B4)、川越(B4)、肥留間(B4)、米道(B4)の4名が慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業研究優秀発表賞を受賞しました。
2017-03-16170316.jpg岩佐(B4)、江藤(B4)、難波江(B4)、肥留間(B4)、米道(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(東京)で発表し、岩佐、江藤、難波江、米道の4名がBest Presentation Award (BPA)を受賞しました!また、深潟が日本機械学会関東支部総会講演会で招待講演を行いました。
2017-02-15Out now!K. Uchino, H. Mamori, and K. Fukagata, "Heat transfer in fully developed turbulent channel flow with streamwise traveling wave-like wall deformation," J. Therm. Sci. Technol. 12, JTST0003 (2017).
2017-01-18Out now!S. Watanabe, H. Mamori, and K. Fukagata, "Drag-reducing performance of obliquely-aligned superhydrophobic surface in turbulent channel flow," Fluid Dyn. Res. 49, 025501 (2017).

2016年

2016-11-18Out now!A. Segalini, T. Nakamura, and K. Fukagata, "A linearized k-ε model of forest canopies and clearings,"Boundary-Layer Meteorol. 161, 439–460 (2016).
2016-11-13161113.jpg猪澤(M1)、河合(M1)、近藤(M1)、中島(M1)、藤田が日本機械学会流体工学部門講演会(宇部)で発表しました。
2016-09-23160923.jpg池谷(M2.5)、森(M1.5)が11th International ERCOFTAC Symposium on Engineering Turbulence Modelling and Measurements (ETMM11, Palermo)で発表しました。
2016-09-16160916.jpg椋本(M2)、河合(M1)、近藤(M1)、中島(M1)が11th European Fluid Mechanics Conference (EFMC11, Sevilla)で発表しました。
2016-08-09Out now!Y. Kametani, K. Fukagata, R. Örlü, and P. Schlatter, "Drag reduction in spatially developing turbulent boundary layers by spatially intermittent blowing at constant mass-flux," J. Turbulence 17, 913-929 (2016).
2016-08-02160802.jpg2016年度塾内高校生のための夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2016-04-21160421.jpg亀谷(卒業生,現・東大)が日本機械学会奨励賞(研究)を受賞しました\(^o^)/
2016-04-12研究室紹介ビデオがリニューアルされました。
2016-04-05深潟が日本機械学会 RC270「流れの知的制御とそれを実現するための先進計測法に関する研究分科会」第1回分科会(東京)で招待講演を行いました。
2016-04-01mer_3_1.jpg深潟が国際レビュー誌 Mechanical Engineering Reviews のEditorに就任しました。
2016-03-14160314.jpgKor (D2)がPRTEC 2016 (Hawaii)で発表しました。
2016-03-10160310.jpg河合(B4)、近藤(B4)、中島(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(東京)で発表し、河合がBest Presentation Award (BPA)を受賞しました [bigsmile]
2016-02-17Out now!D. Noguchi, K. Fukagata, and N. Tokugawa, "Friction drag reduction of a spatially developing boundary layer using a combined uniform suction and blowing," J. Fluid Sci. Technol. 11, JFST0004 (2016).
2016-01-07160107.jpg深潟日本機械学会北海道支部特別講演会(札幌)で招待講演を行いました。

2015年

2015-12-15Out now!Y. Iijima, K. Hosoda, K. Takemura, K. Fukagata, and K. Edamura, "Numerical simulation of electro-conjugate fluid flow considering electric double layer," Mech. Eng. J. 2, 15-00341 (2015).
2015-12-04151204.JPG椋本(M1)、深潟プラズマアクチュエータ研究会第3回シンポジウム(鳥取)で発表しました。
2015-11-09151109.jpg深潟FOR 1779 Symposium Active Drag Reduction (Aachen, Germany)で招待講演を行いました。
2015-10-29Out now!野々村 拓,瀬川 武彦,深潟 康二,松野 隆,清水 一男,白石 裕之,小特集:「プラズマアクチュエータの動向:1. はじめに」,プラズマ・核融合学会誌 91(10), 648-650 (2015).

深潟 康二,青野 光,藤井 孝藏,山田 俊輔,石川 仁,松野 隆,小特集:「プラズマアクチュエータの動向:3. 基礎的な流れ場に対する実験的・数値的研究」,プラズマ・核融合学会誌 91(10), 657-660 (2015).

野々村 拓,瀬川 武彦,深潟 康二,松野 隆,清水 一男,白石 裕之,小特集:「プラズマアクチュエータの動向:6. まとめ」,プラズマ・核融合学会誌 91(10), 671-673 (2015).
2015-10-27Out now!高木 周,古川 克子,深潟 康二,牛田 多加志,藏田 耕作,連載講座:「高度物理刺激と生体応答(4)-- 第3章 力学刺激による細胞応答と応用 その2 --」,機械の研究 67(11), 957-967 (2015).
2015-10-26Out now!Y. Kametani, K. Fukagata, R. Örlü, and P. Schlatter, "Effect of uniform blowing/suction in a turbulent boundary layer at moderate Reynolds number," Int. J. Heat Fluid Flow 55, 132-142 (2015).
2015-09-16150917.jpg畑岡(M2)、森本(M2)、椋本(M1)が日本機械学会年次大会(札幌)で発表しました。
2015-08-26Out now!H. Bottini, M. Kurita, H. Iijima, and K. Fukagata, "Effects of wall temperature on skin-friction measurements by oil-film interferometry," Meas. Sci. Technol. 26, 105301 (2015).
2015-08-14150814.jpg韓国科学技術院(KAIST)と合同ワークショップを開催しました。
2015-08-06150806.jpg2015年度塾内高校生のための夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2015-08-01FTaC.jpg深潟が国際誌 Flow, Turbulence and Combustion のEditorに就任しました。
2015-07-28150728.jpg深潟日米韓流体工学会議(AJK2015-FED, Seoul)でKeynote Lectureを行いました。
2015-06-27深潟NPO法人 流体エネルギー有効利用研究会で招待講演を行いました。
2015-06-18池谷 (M2) がICJWSF2015国際会議(Stockholm)で発表しました。
2015-06-11150611.jpg深潟教授就任講演を行いました。
2015-04-28Out now!H. Gejima, R. Takinami, K. Fukagata, T. Mitsumoji, T. Sueki, and M. Ikeda, "Suppression of vortex shedding from a pantograph head using vortex generator-type plasma actuators," J. Fluid Sci. Technol. 10, JFST0006 (2015).
2015-04-17mamori-150417.jpg(卒業生,現・東京理科大)が日本機械学会奨励賞(研究)を受賞しました\(^o^)/
2015-04-01kflab2015.jpgバージョン3.0になりました!
2015-03-20150320.jpg小坪(B4)、森(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(横浜)で発表しました。
2015-02-27Out now!Y. Kametani, M. Kawagoe, and K. Fukagata,"Direct numerical simulation of a turbulent mixing layer with a perpendicularly oscillated inflow," J. Fluid Sci. Technol. 10, JFST0004 (2015).

2014年

2014-12-23ErratumH. Naito and K. Fukagata, "Publisher’s Note: Control of flow around a circular cylinder for minimizing energy dissipation [Phys. Rev. E 90, 053008 (2014)]", Phys. Rev. E 90, 069902(E) (2014).
2014-12-06141206.jpgプラズマアクチュエータ研究会第2回シンポジウム(鳥取)に槐島(M2),松元(M2),畑岡(M1),森本(M1),加藤(小尾研D2)が参加し、深潟が講演を行いました。
2014-11-18141118.jpg深潟IPAM Workshop, Mathematics of Turbulence - Workshop IV: Turbulence in Engineering Applications (Los Angeles)で招待講演を行いました。
2014-11-17Out now!H. Naito and K. Fukagata, "Control of flow around a circular cylinder for minimizing energy dissipation," Phys. Rev. E 90, 053008 (2014).
2014-11-14Out now!H. Mamori and K. Fukagata, "Drag reduction effect by a wave-like wall-normal body force in a turbulent channel flow," Phys. Fluids 26, 115104 (2014).
2014-10-25141025.jpg安西(M2)、内野(M2)、木戸川(M2)、守(現・農工大)が日本機械学会流体工学部門講演会(富山)で発表しました。
2014-10-21Out now!S. J. Illingworth, H. Naito, and K. Fukagata, "Active control of vortex shedding: An explanation of the gain window," Phys. Rev. E 90, 043014 (2014).
2014-10-17141017.jpg深潟茨城県立水戸第一高等学校模擬講義を行いました。
2014-09-19140917.jpg内野(M2)、木戸川(M2)が10th ERCOFTAC Symposium on Engineering Turbulence Modelling and Measurements (ETMM-10, Marbella)で発表しました。
2014-09-18140914.jpg安西(M2)、内野(M2)、木戸川(M2)、小竹(M2)が10th European Fluid Mechanics Conference (EFMC-10, Copenhagen)で発表しました。
2014-09-10140910.jpg槐島(M2)、畑岡(M1)、森本(M1)が日本機械学会年次大会(東京)で発表しました。
2014-08-05140806.jpg2014年度塾内高校生のための夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2014-07-22140722.jpgSimon Illingworth博士(元ポスドク,現Univ. Melbourne)のセミナーを開催しました。
2014-06-25140625.jpg安西(M2)、槐島(M2)がISEHD2014国際会議で発表し、安西の論文がBest Poster Paper Awardを受賞しました。
2014-06-22Out now!T. Igarashi, H. Naito, and K. Fukagata, "Direct numerical simulation of flow around a circular cylinder controlled using plasma actuators," Math. Probl. Eng. 2014, 591807 (2014).
2014-06-12140612.jpg深潟第3回JAMSTEC横串セミナーで講演しました。
2014-04-23140423.jpgEmile Touber博士(Imperial College London)のセミナーを開催しました。
2014-03-20140320.jpgプラズマアクチュエータ研究会・キックオフシンポジウムを開催しました。
2014-03-14140314.jpg池谷(B4)、畑岡(B4)、藤本(B4)、森本(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(東京)で発表しました。

2013年

2013-12-18131218.jpg内野(M1)が第27回 数値流体力学シンポジウム(名古屋)で発表しました。
2013-11-20131120.jpg宇都木(M2)が2013 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology (Takamatsu)で発表しました。
2013-11-09131110.jpg安西(M1)、木戸川(M1)、野口(M1)が日本機械学会流体工学部門講演会(福岡)で発表しました。
2013-11-09131109.jpg深潟日本機械学会流体工学部門よりフロンティア表彰を受けました。
2013-10-30Out now!N. Tomiyama and K. Fukagata, "Direct numerical simulation of drag reduction in a turbulent channel flow using spanwise traveling wave-like wall deformation," Phys. Fluids 25, 105115 (2013). doi:10.1063/1.4826887
2013-10-18131018.jpg深潟茨城県立水戸第一高等学校模擬講義を行いました。
2013-10-11tomiyama-pof13.jpg富山(昨年度M2)のスパン方向進行波状壁面変形による乱流摩擦抵抗低減に関する論文が Physics of Fluids に受理されました。
2013-09-14内藤(D3)が日本流体力学会年会2013(東京)で発表しました。
2013-09-13130913.jpg深潟日本流体力学会年会2013(東京)にて論文賞受賞記念講演を行いました。
2013-09-10130910.jpg槐島(M1)、松元(M2)が日本機械学会2013年度年次大会(岡山)で発表しました。
2013-09-09Alexander Stroh (Karlsruhe Inst. Tech.) が協定研究生としてメンバーに加わりました。
2013-08-30130830.jpg亀谷(PD)、中村(M2)が8th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena (TSFP-8)(Poitier)で発表しました。
2013-08-27130827.jpg深潟がKTH - Fluid Mechanics Seminar (Stockholm) で講演しました。
2013-08-07130807.jpg2013年度塾内高校生のための夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2013-07-11130711.jpg深潟2013 SIAM Annual Meeting (San Diego)で発表しました。
2013-07-04Out now!深潟 康二,岩本 薫,笠木 伸英,論文賞受賞記念解説:「壁に沿う流れの摩擦抵抗に対するレイノルズ応力分布の寄与」,ながれ 32, 211-214 (2013).
2013-06-26Out now!S. Yamamoto and K. Fukagata, "Numerical simulation of a plasma actuator based on ion transport," J. Appl. Phys. 113, 243302 (2013). doi:10.1063/1.4809975
2013-06-25130625.jpg中山(M2)、溝上(M2)が21st AIAA Computational Fluid Dynamics Conference (San Diego)で発表しました。
2013-06-25蠕動マイクロポンプに関する論文(三木研との共同研究)が Journal of Micromechanics and Microengineering に受理されました。
2013-06-04130604.jpg小竹(M1)がAsian Symp. on Computational Heat Transfer and Fluid Flow(香港)で発表しました。
2013-05-28yamamoto-jap13.jpg山本(昨年度M2)のプラズマアクチュエータの詳細数値シミュレーションに関する論文が Journal of Applied Physics に受理されました。
2013-04-01130408.jpg内藤(D3)が助教(有期)に着任しました。
2013-03-29130329-2.jpg第6期生7名が卒業、修士第5期生4名が修了し、博士第2号が誕生しました。
2013-03-29130329.jpg亀谷(D3)が自動車技術会大学院研究奨励賞を受賞しました。
2013-03-22130322.jpg木戸川(B4)が慶応工学会賞を受賞し、機械工学科卒業式にて卒業生代表挨拶を行いました。
2013-03-15130315-1.jpg安西(B4)、木戸川(B4)、槐島(B4)、野口(B4)、松元(B4)、ルーリア(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(東京)で発表し、槐島(写真右)、野口(同左)の2名がBest Presentation Award (BPA)を受賞しました [bigsmile]
2013-03-11深潟日本流体力学会 論文賞を受賞しました。2月16日付だったみたいですが…f^^;
2013-03-04130304.jpg亀谷(D3)がGCOEシンポジウムにてBest Poster Awardを受賞しました。
2013-01-19kametani-defense.jpg亀谷(D3)の公聴会(博士論文審査会)が行われました。

2012年

2012-12-20121220.jpg理工学部ソフトボール大会でブロック優勝しました\(◎o◎)/!
2012-12-19121219.jpg富山(M2)が第26回数値流体力学シンポジウム(東京)で発表しました。
2012-12-01121201.jpg守(PD)が研究室を「卒業」し、東京農工大の特任助教に着任しました。
2012-11-30coverj_24_11.jpg内藤(D3)の論文の図がPhysics of Fluids誌2012年11月号の表紙を飾りました\(◎o◎)/!
2012-11-28Out now!H. Naito and K. Fukagata, "Numerical simulation of flow around a circular cylinder having porous surface," Phys. Fluids 24, 117102 (2012). doi:10.1063/1.4767534
2012-11-17P1000717.JPG深潟日本機械学会 第90期流体工学部門講演会(京都)で発表しました。
2012-10-10121010.jpg小竹(B4)、守(PD)深潟ICMS2012 (神戸)で発表しました。
2012-10-07121007.jpg橋本(M1)が日本機械学会 第25回計算力学講演会(神戸)で発表しました。
2012-10-06naito-pof12.gif内藤(D3)の多孔質表面を持つ円柱周り流れの論文がPhys. Fluidsに受理されました。
2012-09-18120918.jpg宇都木(M1)、中山(M1)が日本流体力学会年会(高知)で発表しました。
2012-09-13120913.jpg守(PD)、五十嵐(M2)、山本(M2)、渡辺(M2)がEFMC9 (Rome)で発表しました。
2012-09-12120912.jpg瀧浪(M1)、溝上(M1)が日本機械学会年次大会(金沢)で発表しました。
2012-09-03120903.jpg国立台湾大学と合同セミナーを行いました。
2012-08-21nakayama12.gif研究テーマのページを更新しました。
2012-08-20Out now!Y. Kametani and K. Fukagata, "Direct numerical simulation of spatially developing turbulent boundary layer for skin friction drag reduction by wall surface-heating or cooling," J. Turbulence 13, N34, 1-20 (2012). doi:10.1080/14685248.2012.710750
2012-08-06120806.jpg2012年度塾内高校夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2012-07-06kametani-jot12.jpg亀谷(D3)の壁面加熱・冷却を伴う空間乱流境界層の論文がJ. Turbulenceに受理されました。
2012-06-15Out now!R. Nakanishi, H. Mamori, and K. Fukagata, "Relaminarization of turbulent channel flow using traveling wave-like wall deformation,"Int. J. Heat Fluid Flow 35,152-159 (2012).doi:10.1016/j.ijheatfluidflow.2012.01.007
2012-06-08120607.jpg亀谷(D3)ETMM9 (Thessaloniki)で発表しました。
2012-05-01chnl180s.gif6年目にしてやっとちゃんとした研究テーマのページを作りました [huh]
2012-04-02新4年生が加わり、全部で23名になりました。
2012-03-29120329.jpg第5期生5名が卒業、修士第4期生3名が修了し、博士第1号が誕生しました。
2012-03-09120309.jpg小竹(B3)が日本機械学会関東支部総会講演会(習志野)で、宇都木(B4)、瀧浪(B4)、中山(B4)、橋本(B4)、溝上(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(習志野)で発表し、溝上がBest Presentation Award (BPA)を受賞しました [bigsmile]
2012-02-08Out now!K. Higashi, H. Mamori, and K. Fukagata, "Simultaneous control for friction drag reduction and heat transfer augmentation by traveling wave-like blowing/suction," Comput. Therm. Sci. 3, 521-530 (2011). doi:10.1615/ComputThermalScien.2011003213
2012-01-18mamori-defense.jpg(D3)の公聴会が行われました。
2012-01-17nakanishi-ijhff12.jpg中西(M2)の進行波状壁面変形による再層流化の論文がInt. J. Heat Fluid Flowに受理されました。
2012-01-13Out now!N. Kasagi, Y. Hasegawa, K. Fukagata, and K. Iwamoto, "Control of turbulent transport: Less friction and more heat transfer," J. Heat Transfer 134, 031009 (2012). doi:10.1115/1.4005151

2011年

2011-11-08Out now!H. Hasebe, Y. Naka, and K. Fukagata, "An attempt for suppression of wing-tip vortex using plasma actuators," J. Fluid Sci. Technol. 6, 976-988 (2011). doi:10.1299/jfst.6.976
2011-10-28深潟熱工学コンファレンス2011プレコンファレンス・セミナー「乱流伝熱研究の最先端」で講演を行いました。
2011-10-27Out now!K. Kakikura, K. Fukagata, and T. Hibiya, "System engineering analysis and optimization of a parabolic flight experiment for thermophysical property measurement under microgravity," J. Jpn. Soc. Microgravity Appl. 28(2), S92-S99 (2011).(SDM日比谷研との共同研究)
2011-09-24110924.jpg君津(新日鉄白渓山荘)にて小尾研と合同合宿を行いました。
2011-09-13五十嵐(M1)、山本(M1)、深潟が日本機械学会年次大会(東工大)で発表しました。
2011-09-12110912.JPG(D3)がETC13 (Warsaw)で発表しました。
2011-09-03矢内(M1)が1年間の留学のためフランス(École Polytechnique)に旅立ちました。
2011-08-29富山(M1)が6ヶ月間の留学のためドイツ(RWTH Aachen)に旅立ちました。
2011-08-09110809.jpg塾内高校夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2011-07-31中村(M1)がダブルディグリープログラムのためスウェーデン(KTH)に旅立ちました。
2011-07-31110731.jpg亀谷(D2),中西(M2)がTSFP-7 (Ottawa)で発表しました。
2011-07-26Out now!Y. Kametani and K. Fukagata, "Direct numerical simulation of spatially developing turbulent boundary layer with uniform blowing or suction," J. Fluid Mech. 681, 154-172 (2011). doi:10.1017/jfm.2011.219
2011-07-25110725.jpg村井(M2),川越(M2),Le Dauphin (M2)がAJK2011(浜松)で発表しました。
2011-07-14Out now!K. Fukagata, K. S. Furukawa, and T. Ushida, "Analysis of cell accumulation mechanism in a rotational culture system," J. Mech. Med. Biol. 11, 407-421 (2011). doi:10.1142/S0219519410003745
2011-06-30110630.jpg深潟が准教授就任講演を行いました。
2011-06-03深潟が制作に携わったJST Webラーニングプラザ「流体力学の基礎知識」コースが公開されました。
2011-05-30Out now!J. Hœpffner, Y. Naka, and K. Fukagata, "Realizing turbulent statistics," J. Fluid Mech. 676, 54-80 (2011). doi:10.1017/jfm.2011.32
2011-05-02nagare30_2.jpg深潟が編集を担当した日本流体力学会誌「ながれ」第24回数値流体力学シンポジウム特集号が刊行されました。
2011-04-27kametani-jfm11.jpg亀谷(D2)の一様吹出し/吸込みを伴う空間発達乱流境界層のDNSに関する論文が J. Fluid Mech. に受理されました。
2011-04-12亀谷(D2)がパリ第6大学Pierre Sagaut教授の所での1年間の修行に旅立ちました。
2011-04-08kflab2011.gifバージョンアップしてみました [bigsmile]
2011-03-29110329-3.jpg第4期生が卒業しました。M2も一緒に 110329-4.jpg Exile? 110329-5.jpg
2011-03-29110329-1.jpg修士第3期生が修了しました。間違い探し → 110329-2.jpg
2011-03-25110325.jpg長谷部(M2)が藤原奨学基金 藤原賞を受賞しました。
2011-03-10深潟第60回理論応用力学講演会にて基調講演を行いました。
2011-02-25110225.jpg亀谷(D1)がGCOEシンポジウムにてBest Poster Awardを受賞しました。
2011-01-16hoepffner-jfm11.jpgHoepffner(元PD)の流入乱れ生成法に関する論文がJ. Fluid Mech.に受理されました。

2010年

2010-12-22田村(M2)、東(M2)が第24回数値流体力学シンポジウムで発表しました。
2010-12-21Simon Illingworth博士が帰国しました。
2010-12-02hasebe-kiron11.jpg長谷部(M2)のプラズマアクチュエータを用いた翼端渦の抑制に関する論文が日本機械学会論文集B編に受理されました。
2010-11-21101123.jpgIllingworth (PD)、深潟米国物理学会流体力学部門年会(Long Beach, CA)で発表しました。
2010-11-01101101.JPGIllingworth (PD)、井上(M2)、田村(M2)、東(M2)がICFD-7(仙台)で発表しました。
2010-10-30101029.JPG亀谷(D1)、中西(M1)、村井(M1)が日本機械学会流体工学部門講演会(米沢)で発表しました。
2010-10-28中西(M1)が名誉博士称号授与式にて花束プレゼンターを務めました。(記事&写真へ
2010-09-21100921.JPG筑波で小尾研と合同合宿を行いました。
2010-09-17(D2)がパリ第6大学での4ヶ月間の修行に旅立ちました。
2010-09-13100913-05.JPG(D2)、亀谷(D1)、長谷部(M2)がEFMC8 (Bad Reichenhall)で発表しました。
2010-09-10100908.JPG(D2)、長谷部(M2)、川越(M1)、深潟日本流体力学会年会2010(札幌)で発表しました。
2010-08-30nagare29_4.jpg深潟が編集を担当した日本流体力学会誌「ながれ」プラズマアクチュエータ特集号が刊行されました。
2010-08-27fukagata-jfst10-review.jpg深潟の表面波による抵抗低減に関するレビュー論文が J. Fluid Sci. Technol. に受理されました。(発表論文のページへ
2010-08-05summer-program2010.jpg塾内高校夏休み研究体験(風洞実験)を開催しました。
2010-07-20深潟WCCM/APCOM2010 (Sydney)で発表しました。
2010-05-29mamori-jcst10.jpg(D2)のレイノルズ応力収支の離散化法に関する論文が J. Comput. Sci. Technol. に受理されました。(発表論文のページへ
2010-05-20fukagata-jmmb10.jpg深潟の旋回培養における細胞集積メカニズムに関する論文が J. Mech. Med. Biol. に受理されました。(発表論文のページへ
2010-04-07研究室紹介ビデオ(↑)ができました。
2010-04-01メンバーが加わりました。
2010-03-31深潟が 2nd Int. Workshop on Advances in Computational Mechanics(横浜)で講演しました。
2010-03-26100326.jpg修士第2期生が修了しました。
2010-03-23100323.jpg第3期生が卒業しました。
2010-03-22mamori-pre10.jpg(D1)の進行波状制御に関する論文が Phys. Rev. E に受理されました。(発表論文のページへ
2010-03-18深潟がInt. Specialist Workshop on Open-Loop vs Closed-Loop Control of Wall Turbulence(東京)で講演しました。
2010-03-10100310-3.jpg川越(B4)、高田(B4)、中西(B4)、松永(B4)、村井(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(東京)で発表し、中西がBest Presentation Award (BPA)を受賞しました。
2010-02-26100226.jpg(D1)がGCOEシンポジウムにてBest Poster Awardを受賞しました。
2010-01-19simon-large.jpgSimon Illingworth博士(日本学術振興会外国人特別研究員)がメンバーに加わりました。

2009年

2009-12-29混合層制御実験(2007年度亀谷卒論+2008年度坪井卒論の内容)の論文がJ. Fluid Sci. Technol.に受理されました。
2009-12-14深潟がNHK朝のニュースに出ました(ただし水戸芸術館で行われた第9の聴衆インタビューですが [huh]
2009-11-08091108-fed.jpg((D1),亀谷(M2),犬飼(M2),長谷部(M1),深潟が日本機械学会第87期流体工学部門講演会@(名古屋)で発表しました。
2009-10-23091022-1.jpg犬飼(M2),亀谷(M2)がASCHT09 (Jeju)で発表しました。
2009-10-11田村(M1)が第22回計算力学講演会(金沢)で発表しました。
2009-09-30メンバーが加わりました。
2009-09-16深潟が日本機械学会2009年度年次大会(盛岡)で発表しました。
2009-09-04内藤(D1),井上(M1),深潟が日本流体力学会年会2009(東京)で発表しました。
2009-06-24内藤(D1),(D1)がInt. Symp. Turbulence and Shear Flow Phenomena, Seoulで発表しました。
2009-06-10村山(M2)が第58回理論応用力学講演会(東京)で発表しました。
2009-06-02東(M1)が第46回日本伝熱シンポジウム(京都)で発表しました。
2009-05-13村山(M2)が第14回計算工学講演会(東京)で発表しました。
2009-04-13Hoepffner(元ポスドク)の論文がJ. Fluid Mech.に受理されました。
2009-04-01メンバーが加わりました。
2009-03-31090323-graduation.jpg第2期生・修士第1期生が無事卒業・修了しました。
2009-03-13制御を加えた流れのエネルギーの下限に関する論文がPhysica Dに受理されました。
2009-03-06井上(B4)、田村(B4)、長谷部(B4)、東(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(水戸)で発表しました。
2009-02-03petros-090203.jpgPetros Koumoutsakos教授(ETH)が遊びに来ました。

2008年

2008-11-21kametani-jsme-kanagawa-gakusei-shoureishou.jpg亀谷(M1)が日本機械学会関東支部神奈川ブロック学生奨励賞を受賞しました。
2008-10-14島田(M2),内藤(M2)がTFEC7, Sapporo で発表を行いました。
2008-09-17守(M2)がEFMC7, Mancester, UKで発表を行いました。で、たまたまGoogleストリートビューに…
2008-09-07島田(M2)、内藤(M2)、守(M2)、亀谷(M1)が日本流体力学会年会2008で発表を行いました。
2008-09-01J. Hoepffner博士がパリ第6大学に異動しました。
2008-08-20乱流制御のレビュー論文(Annu. Rev. Fluid Mech.)がオンライン出版されました。
2008-07-11mamori-happyoushoureishou.jpg守(M2)が理工学研究科国際会議論文発表奨励賞を受賞しました。
2008-05-28Luca Brandt博士(KTH, Sweden)のセミナーを開催しました。
2008-04-01新4年生5名がメンバーに加わりました。
2008-03-23090323-kametani-yarase.jpg研究室第1期生(亀谷)が無事卒業しました。
2008-03-15亀谷(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会で発表しました。
2008-02-16fukagata-ryuumon-fukushou.jpg深潟日本流体力学会竜門賞を受賞しました。

2007年

2007-10-24J. Hoepffner博士(JSPS外国人特別研究員)がメンバーに加わりました。
2007-04-01研究室が誕生しました。

Last-modified: 2019-03-22 (金) 09:41:18 (34d)
Copyright © 2007-2019 Fukagata Lab., Keio University, All rights reserved.